ニュース

アイ・オーが10GbEカード値下げ、競合と同価格の2万7700円に

法人向けのNAS・交換用HDD、外付けHDDも値下げ

 株式会社アイ・オー・データ機器は、7月下旬に発売した10/5/2.5GBASE-Tのマルチギガビットに対応するLANカード「ET10G-PCIE」の価格(税別)を、9月1日より3万1000円から2万7700円に値下げする。

 ET10G-PCIEは、x4スロットに装着可能なPCI-Express 2.0(Gen 2)接続の10GBASE-T対応LANカード。既存のCAT5e/6ケーブルで10GbE環境を実現できる。オートネゴシエーションやAuto MDI/MDI-Xの機能を備え、4088/9014/16128KBのジャンボフレームにも対応する。

アイ・オー「ET10G-PCIE」

 なお、株式会社バッファローでは、10/5/2.5GBASE-T対応のPCI Express x4接続LANカード「LGY-PCIE-MG」を8月上旬に2万7700円(税別)で発売している。

バッファロー「LGY-PCIE-MG」

 アイ・オーではこのほか、法人向けのNAS「HDL2-X」「HDL4-X」「HDL2-H」「HDL2-H/TM」「HDL4-HEX」「HDL6-H」「HDL4-HR」「HDL-Z2WPI」「HDL-Z4WPI」「HDL-Z4WPIR」の各シリーズや交換HDD、外付けHDDなど、計60製品についても価格改定を行うことを発表している。