記事検索

スクリーン共有機能搭載の「Skype 4.1 for Windows」正式版公開


Skype 4.1 for Windows

 Skypeは6月30日、「Skype 4.1 for Windows」正式版を公開した。Windows Vista/XP/2000に対応しており、同社サイトより無料でダウンロードできる。

 「Skype 4.1 for Windows」はベータ版が5月に公開されており、スクリーン共有や視覚障害者向けのアクセシビリティ機能、誕生日リマインダーなどの新機能はすでに発表されていた。今回の正式版は、ベータ版に含まれていた多くのバグを修正したものとなっている。

 特にWebカメラの自動認識機能には多くのバグがあった。例えば、Creative Live!のWebカメラが接続されてもいないにもかかわらず、接続されたと誤認識したり、起動ごとに新しいオーディオデバイスが見つかったと間違ったメッセージが表示されるといったバグが修正されている。また、同じインスタントメッセージの中で、URLをコピー&ペーストすると、URLが空白になってしまうバグも修正されている。

 このほかにも、通話、インスタントメッセージ、コンタクト、履歴、オーディオ、ビデオ、アクセシビリティの分野で多くのバグが修正されているため、ベータ版の利用者は正式版をインストールすることが推奨されている。


関連情報


(青木 大我 taiga@scientist.com)

2009/7/1 12:36

INTERNET Watch ホームページ
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.