記事検索

ヤフー、「OAuth」対応のオークションAPIを開発者向けに公開


 ヤフーは9日、外部のアプリケーションに対してリソースへのアクセス権限を付与するための認可プロトコル「OAuth」に対応したAPIの第1弾として、「Yahoo!オークション」におけるユーザー情報を外部アプリケーションで利用可能にする「マイ・オークションAPI」の提供を開始した。

 「OAuth」は、Web上のサービス連携を安全に実現するためのオープンな認可プロトコル。OAuthにより、外部のアプリケーションに対してYahoo! JAPANのIDやパスワードを渡すことなく、Yahoo! JAPAN内のリソースへのアクセス権限だけを与えることが可能となる。

 今回公開された「マイ・オークションAPI」では、Yahoo!オークションでユーザーが気になるオークションの状況をチェックできる「ウォッチリスト」機能や、自分が出品や入札をしたオークションの状況を確認できる機能に対応。これにより、外部の開発者でもマイ・オークションの機能を組み込んだサイトや、マイ・オークションと連携したアプリケーションの開発が可能となる。

 ヤフーでは、今回の取り組みは2008年から進めているオープン化の一環で、Yahoo!オークションでは出品時に利用できるAPIの提供も予定しているほか、そのほかのサービスでもOAuthを利用したAPIの提供を積極的に進めていくとしている。


関連情報

(三柳 英樹)

2009/7/10 16:23

INTERNET Watch ホームページ
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.