記事検索

アップル、最新OS「iPhone 3.1」搭載のiPod touch新モデル


iPod touch

 アップルは、IEEE 802.11b/gの無線LAN機能を持った「iPod touch」の新モデルを発表した。10日には、8GBモデルを1万9800円で発売し、9月下旬には32GBモデルを2万9800円で、新たに追加した64GBモデルを3万9800円で発売する。

 新モデルでは、最新OS「iPhone 3.1」を標準で搭載。管理ソフト「iTunes 9」と連携して、最大12個の楽曲プレイリストを自動生成する「Genius Mix」機能の利用が可能。また、「App Store」でダウンロードしたアプリケーション情報をもとに、最適なアプリケーションを紹介する「Genius for Apps」機能を提供する。加えて、iTunes上でiPod touchのホーム画面をカスタマイズできる機能も用意する。

 32/64GBモデルではまた、従来モデルから処理速度が最大50%向上したほか、「OpenGL ES 2.0」への対応でグラフィック処理も向上したという。両モデルでは加えて、マイク付きヘッドフォン「Earphones with Remote and Mic」が付属し、音声による楽曲再生や一時停止などの「音声コントロール」機能、ボイスメモ機能も利用できる。

 なお、従来モデルのiPod touchでは、600円の有償アップグレードで「Genius Mix」や「Genius for Apps」などの新機能が利用可能になる。ただし、すでに「iPhone 3.0」を導入している場合には、「3.1」へ無償でアップグレードできる。

 それ以外の仕様は従来モデルと同等で、IEEE 802.11b/gの無線LANやBluetooth 2.1をサポート。Webブラウザ「Safari」やYouTube再生機能を備えるほか、メールやカレンダー機能なども用意する。

 再生可能なフォーマットは、音声がAAC/MP3/Audible/Apple Lossless/AIFF/WAV。動画はH.264とMPEG-4をサポートし、解像度は最大640×480ドット、フレームレートは30fps。再生可能時間は、音声が最大30時間、動画が最大6時間。

 本体サイズは61.8×8.5×110mm(幅×奥行×高)、重量は115g。対応OSはWindows Vista/XP SP3以降およびMac OS X 10.4.11以降で、iTunes 9も必要になる。


32/64GBモデルでは「Earphones with Remote and Mic」が付属する iPodシリーズ(左からiPod touch、iPod classic、iPod nano、iPod shuffle)

関連情報


(村松 健至)

2009/9/10 13:03

INTERNET Watch ホームページ
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.