記事検索

「Google Chrome 3」安定版公開、新規タブを改善、テーマも導入


 Googleは15日、Webブラウザ「Google Chrome 3」の安定版を公開した。搭載されている新機能は、いずれもベータ版ですでに公開されていたものであるため特に目新しくはないが、バグ修正などの作業を経て安定版として公開されるに至った。Windows Vista/XP SP2に対応する。

 「Google Chrome 3」安定版では、JavaScriptのパフォーマンスは前回の安定版に比べて25%改良されたという。

 また、新規タブを開いた時の画面が新しくなった。定期的に閲覧するサイトのサムネイル表示位置をドラッグ&ドロップで変更したり、いつも表示させたいサムネイルにピンを置くことで固定できるなど、カスタマイズ機能が強化された。


Google Chrome 3 新規タブ画面

 アドレスバーと検索フォームを兼ねる独自のOmnibox機能も改善。ドロップダウンメニューに表示されるアイコンによって、お気に入り検索やブラウズ履歴などを見分けられるようになった。

 さらに、HTML5のvideoタグなどの一部機能も搭載されている。

 目新しい機能としては、テーマが導入されたことが挙げられる。これによって、ブラウザ画面の全体的な色彩や背景画像を変更できる。テーマギャラリーには選択できるテーマが登録されている。

 Google Chromeの既存ユーザーは自動的にアップデート作業が行われるため、特に作業は必要としない。また、Google Chromeを初めて利用するユーザーは、Google Chromeのサイトからダウンロードできる。


「Baseball」というテーマ 「Legal Pad」というテーマ

関連情報


(青木 大我 taiga@scientist.com)

2009/9/16 11:44

INTERNET Watch ホームページ
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.