記事検索

「Microsoft Office Web Apps」プレビュー版、限定公開開始


Microsoft Office Web Apps

 米Microsoftは17日、Webブラウザで動作するオフィススイートアプリケーション「Microsoft Office Web Apps」のプレビュー版を限定公開した。Word、Excel、PowerPointの軽量版となるもので、Internet Explorer、Firefox、Safariに対応する。

 なお、17日より利用できるのは、招待状を受け取ったユーザーのみとなる。招待状は、Windows Live SkyDriveの一部利用者に対して送付されている。また、現在はテクニカルプレビューのため、まだ全機能を利用することはできない。今後、ユーザーからのフィードバックを受けた上で、さらに広く公開するベータ版を提供した後、2010年前半に正式版を公開したい考えだ。

 その後、ユーザーからのフィードバックを受けながら、定期的にサービスをバージョンアップさせていく計画だ。また、今回公開されたのは英語版と日本語版だが、秋には他の言語も追加するとしている。

 今回のテクニカルプレビューでは、Windows Live SkyDriveに保存されたOfficeドキュメントを、Office Web Appsで開き、編集できる。対応しているのは、Word、Excel、PowerPointのドキュメントで、今のところOneNoteには対応していない。OneNoteは将来のリリースで追加するとしている。

 すでに発表されていた通り、Office Web Appsは、アプリケーション版のOfficeと酷似したユーザーインターフェイスを持つ。例えば、おなじみのリボンインターフェイスを同様に利用できる。その一方で、Webアプリケーションの特徴を生かし、複数のユーザーが同じドキュメントを同時編集できる。その場合、片方のユーザーがInternet Explorer、もう片方がFirefoxを使用するなど、さまざまな環境で編集作業を行える。

 また、Windows Live SkyDriveを通して提供されることから、写真や連絡先、カレンダー、ドキュメントをすべて同じ場所に保存しておき、ドキュメントをOffice Web Appsで扱い、その他の写真共有やメール、カレンダーサービスなどもWindows Liveがまとめて1カ所で提供できるメリットがあるとしている。

 Office Web Apps正式版は、2010年前半に3種類の方法で公開される。1つめは、Windows Live SkyDriveユーザーに対して、2つめはOffice 2010ボリュームライセンスビジネスユーザーに対して、3つめはMicrosoft Online Serviceを通しての提供だ。

 17日の段階で招待状が送付されていないユーザーは、Office Web Appsベータ版の最新情報を入手するため、MicrosoftのWebサイトでサインアップできるとしている。


関連情報


(青木 大我 taiga@scientist.com)

2009/9/18 11:55

INTERNET Watch ホームページ
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.