記事検索

Windows 7向けの「XP Mode」が開発完了、10月22日から提供開始に


 米Microsoftは10月1日(米国時間)、Windows 7向けの仮想デスクトップ機能「Windows XP Mode」の開発が完了したことを明らかにした。10月22日より、同社のダウンロードセンターから入手できるようになる見込み。

 Windows XP Modeは、ホスト型の仮想化ソフト「Windows Virtual PC」上でWindows XPを動作させ、Windows 7では動かないアプリケーションを使えるようにするもの。企業などで、古いアプリケーションが動作しない場合のために、アプリケーションを更新するまでの代替手段として用意されている。

 Windows XP Modeでアプリケーションを動作させると、Windows 7のデスクトップにおいてウィンドウで表示されるため、ユーザーがWindows 7のアプリケーションと同じ感覚で利用できる特徴を持つ。

 対応するエディションは、Windows 7 Professional/Enterprise/Ultimateで、利用するためには、PCのCPUが、Intel VTやAMD-Vといった仮想化支援機能をサポートしている必要がある。

 なおMicrosoftによれば、OEMベンダーも、自身のリリーススケジュールに基づき、PCにプリインストールしてWindows XP Modeを提供できるようになるとしている。



関連情報


(石井 一志)

2009/10/2 17:11

INTERNET Watch ホームページ
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.