記事検索

「著作権保護期間70年への延長実現に最大限努力」鳩山首相が明言


鳩山由紀夫首相

 鳩山 由紀夫首相は18日に開かれた「JASRAC創立70周年記念祝賀会」において、著作権の保護期間を現在の「著作者の死後50年」から、欧米などと同等の「著作者の死後70年」に延長するために最大限努力するとの考えを示した。

 日本音楽著作権協会(JASRAC)の船村 徹会長が「なんとしても保護期間を先進国並みの70年にしたい」と発言したことを受けて、鳩山首相が「JASRACは70周年ですから、(保護期間も)70周年に延ばすことを最大限の努力をする」と明言した。

 さらに鳩山首相は、同じく来賓として招待されていた森 喜朗元首相に「与野党を超えてこういうところはできる限り協力したい」と呼びかけると、会場に詰めかけた関係者から大きな拍手がわき起こった。

 鳩山首相の要請に対して森元首相は、「総理が70年に延ばすところまで総理をおやりになるのかはわからないが」と前置きした上で、「いずれにしても是非、諸外国並みに立派な著作権法を整備していきたい」と述べた。

JASRAC創立70周年記念祝賀会会場 スピーチで「なんとか諸外国並みに、著作権保護期間を50年から70年に延長するという悲願を達成したい」とした船村会長
「総理が70年に延ばすところまで総理をおやりになるのかはわからないが」など随所にユーモアを交えたイヤミで会場をわかせた森元首相 予算の仕切り直しなど民主党政策へのイヤミ満載のスピーチの後、にこやかに談笑する森元首相と鳩山首相夫妻
鳩山首相夫妻もまじえ、鏡開きが行われた。江田 五月参議院議長や平野 博文官房長官、川端 達夫 文部科学大臣も来賓として参加していた 鏡開きには、森元首相や日本レコード協会の石坂 敬一会長らも参加。そのほか、山口 那津男公明党代表、渡辺 喜美みんなの党代表なども来賓として参加、錚々たる顔ぶれが揃っていた

関連情報

(増田 覚)

2009/11/18 20:13

INTERNET Watch ホームページ
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.