記事検索

JR東日本のサイトが2週間改ざん、ページ内検索でウイルス感染も


JR東日本のお詫びページ

 JR東日本のサイトの一部ページが不正アクセスにより改ざんされ、閲覧者のPCがウイルスに感染した恐れがあることが判明した。JR東日本によれば、改ざんされていた期間で該当ページに約5万件のアクセスがあったという。

 改ざんされていたのは、JR東日本のサイト内のキーワード検索の検索結果ページが12月8日21時40分から21日23時55分まで、「大人の休日倶楽部」内の「東京講座」ページが18日11時から22日21時まで。

 なお、キーワード検索はトップページのほかにも、「Suica」や「ビューカード」などのページにも設けられているが、キーワードを入力して検索結果ページを表示させなければウイルスに感染する恐れはなかったという。

 改ざんされたページは、いずれも「Gumblar」ウイルスの亜種に感染する不正なページへリダイレクトするスクリプトが埋め込まれていた。改ざんされたサイトは表面上の変化がないため、ユーザーは知らない間にウイルス感染の危険性にさらされることになる。

 JR東日本は改ざんされたページを修正した上で、23日1時40分にサイトの一部ページを閉鎖。その後、調査を行った上で、23日19時にサイトを再開した。同社は現在、ウイルス感染の有無を確認したり、駆除を行う方法として、トレンドマイクロのオンラインスキャンツールをサイト上で紹介している。


関連情報

(増田 覚)

2009/12/24 17:51

INTERNET Watch ホームページ
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.