記事検索

「Flash Player」脆弱性修正版が公開、「Adobe Reader」も近日中に


 米Adobe Systemsは11日、Flash PlayerとAdobe Reader/Acrobatに脆弱性が存在するとして、セキュリティ情報を公開した。Flash Playerについては既に修正版を公開しており、Adobe Reader/Acrobatについては2月16日(米国時間)に修正版を公開する予定だとしている。

 Flash Playerの脆弱性は、Flash Player 10.0.42.34以前およびAdobe AIR 1.5.3.1920以前に影響があり、権限のないクロスドメインリクエストが可能になるというもの。Adobeでは、脆弱性を修正したFlash Player 10.0.45.2およびAdobe AIR 1.5.3.1930を公開しており、ユーザーに対してアップデートを推奨している。

 また、Adobe Reader/Acrobatについても、前述のFlash Playerの問題を含む脆弱性が存在しているとして、2月16日に修正版をリリースする予定であることを公表した。Adobe Reader/Acrobatのバージョン9.3および8.2に影響があり、セキュリティアドバイザリも2月16日に公表するとしている

 このほか、開発ツールの「BlazeDS」「LiveCycle」「ColdFusion」などについても、脆弱性を修正する最新版が公開されている。


関連情報

(三柳 英樹)

2010/2/12 14:32