記事検索

スマートフォン出荷数が23.8%増、iPhoneのシェアは14.4%に拡大


 調査会社のGartnerは23日、世界の携帯電話売上に関する2009年調査結果を発表した。2009年のスマートフォン出荷台数は1億7240万で、2008年に比べて23.8%増加した。

 現在、この市場で大きなシェアを保っているのはSymbianの46.9%で、以下はBlackBerry(Research In Motion)が19.9%、iPhone OSが14.4%。

 特に今年はiPhoneとAndroidの躍進に注目が集まる。iPhoneは、2008年のシェアが8.2%だったのに対し、2009年には14.4%とシェアを大きく伸ばしている。また、Androidは2008年のシェアは0.5%だったが、2009年には3.9%となり、市場が立ち上がったと言えそうだ。iPhoneのシェア拡大の一方、2008年にはシェア11.8%で3位であったMicrosoft Windows Mobileは、2009年には8.7%で4位となった。

 Symbianは、2008年のシェア52.4%から、2009年は46.9%と半数を割り込んだ。Symbianはオープンソース化を発表しており、2010年第1四半期末までには「Symbian^3」が公開され、2010年終わりまでには「Symbian^4」が公開される予定となっている。

 Symbianの動向について、GarnterプリンシパルリサーチアナリストのRoberta Cozza氏は、「Symbianは近年競争力を失いかけているが、特にNokia端末における市場シェアは依然として強い。Symbianがこの力を使うことができれば、成長へと戻すことができるかもしれない」とコメントしている。

 スマートフォンを含む全携帯電話市場のメーカー別のシェアは、Nokiaが36.4%、Samsungが19.5%、LGが10.1%、Motorolaが4.8%、Sony Ericssonが4.5%。これら5社のうち、Nokia、Motorola、Sony Ericssonはシェアが縮小する一方、SamsungとLGのシェアは拡大。市場全体に占める上位5社の割合は、iPhoneなど他のメーカーによる端末の拡大もあり、2008年の79.7%から2009年に75.3%へと縮小した。

 市場全体としては、価格競争の激化によって端末の平均単価が下落傾向にある。中国やインドなどの市場ではホワイトボックスメーカーの競争が激しく、成熟市場ではメーカー間で激しく市場シェアを争うこととなり、端末メーカー上位5社のうち3社は2009年の売上が前年に比べて減少している。


関連情報

(青木 大我 taiga@scientist.com)

2010/2/24 12:49