記事検索

著作権「理解している」は49%、創作系女子に対するアンケート調査


 ビジュアルワークスは24日、携帯電話向けの無料ホームページ作成サービス「フォレストページ」を利用し、10代女子を中心とした創作活動を行うユーザーに対する、著作権に関するアンケート調査の結果を発表した。

 調査形式はWeb上でのアンケート調査で、調査期間は5月10日〜13日。有効回答は1253人。性別は女性が1180人、男性が67人。年齢は10代が807人、20代が347人、30代が76人、40代以上が14人。

 調査によると、「著作権の意味を理解していると思いますか」という質問に対しては、49%が「理解している」、46%が「やや理解している」と回答した。

 また、著作権に対する疑問について自由形式で回答してもらったところ、「自分の作品を勝手に他サイトに載せられていた場合はどうすればいいのか」「著作権はどの時点で発生するのか」「法的に問われるのはどこからなのか。黙認されているのはどこまでか」「二次創作がどこまで許されるのか」など、回答者の40%が具体的な疑問などを投げかけており、関心の高さが伺えると分析している。

 二次創作経験者に対して、対象の作品の著作権に関して調べたことがあるかという質問には、61%が「調べた」と回答している。


関連情報

(三柳 英樹)

2010/5/24 13:38