記事検索

「Firefox 3.6.6」公開〜ゲームに配慮しクラッシュ保護機能を修正


 米Mozillaは26日、「Firefox 3.6.6」を公開した。Windows/Mac/Linuxに対応する。

 3.6.6の変更点は、前バージョンFirefox3.6.4で導入されたプラグインクラッシュ保護機能に修正を加えたことだ。この機能は、Windows/Linux版に対してのみ提供されている。

 クラッシュ保護機能は、Adobe Flash、QuickTime、Microsoft Silverlightの各プラグインがクラッシュしても、Firefox本体のプロセスに影響を与えないようにし、Firefox自体の安定性を向上させるもの。プラグインがクラッシュした場合には、ページを再読み込みすることで、再びページコンテンツを再開できる。

 前バージョンの3.6.4では、プラグインがクラッシュしたことを判断するために、応答しなくなってから10秒経過をカウントしていた。この判定方法は、ベータテストでは約100万人のユーザーに対して有効に機能したとしている。

 ところが、3.6.4を正式公開してから、特にゲーム利用者から、応答しなくなってから10秒では短すぎるという不満の声が上がった。ゲームの場合、プラグインが応答不能になっても、アニメーションやオーディオが動作している場合など、複雑な条件があるためだ。

 このためFirefoxでは、3.6.6でこの待ち時間を10秒から45秒へと延ばすことにした。今回のバージョンアップは、自動アップデートとして全ユーザーに配信される。


関連情報

(青木 大我 taiga@scientist.com)

2010/6/28 06:00