記事検索

無料PDFリーダー「Foxit Reader 4.0」公開
〜注釈機能など、編集機能を大幅に強化


 米Foxit Corporationは29日、無料PDFリーダーソフト「Foxit Reader4.0」を公開した。Windows 7、Windows Vista、Windows XP SP2/SP3に対応する。

 Foxit Readerは高速軽量なPDFリーダーとして知られている。今回のバージョンも前バージョンと同様に無料でダウンロードできるが、PDFフォームの記入や保存、ノート注釈記入機能の追加等、企業や政府機関でも利用できるよう、高機能化が図られた。

 新機能として、テキストのハイライトや下線等を含むコメントツール、テキストを抽出して閲覧するためのテキストビューアとコンバータ、PDFフォームの記入提出のためのフォーム機能、スペルチェック、その他高度な編集機能等が追加されている。

 Foxit社では、これらのPDF編集機能は、通常のPDFリーダーでは有償版で利用可能となるが、Foxit Reader 4.0では無料で利用可能だとアピールしている。また、政府や企業等で採用できるよう、ISO 32000標準規格に準拠した。

 Foxit Readerインストール時には、「Safe Mode」でインストールするかどうか選択できる。これは、PDFに埋め込まれているJavaScript等の実行可否を選択できるものだ。危険なPDFファイルの多くは、このJavaScriptの機能を悪用することが知られている。この設定は、後ほど「Tool」「Preferences」メニューから変更することも可能だ。

 このほか今回のアップグレードでは、特定のPDFドキュメントでFoxit Readerがクラッシュするバグが修復された。

 なお、Foxit Readerでは、ボランティアユーザーの協力によりメニューなどユーザーインターフェイス部分の日本語化が行われている。前バージョンまでは、ボランティアによる日本語ユーザーインターフェイスが利用可能だが、現時点で4.0用はまだ用意されていない。そのため、インストール時やメニュー画面は英語で表示される。

 なお、日本語PDFファイルの表示には、「Eastern Asian Language Support」アドオンが利用でき、これにより通常に表示することが可能だ。

ダウンロード時にインストーラーの付いた「exe」を選ぶと、ウィザード形式でインストールできる。この画面で、真ん中のチェックを2つ外さないと、Ask.comがブラウザのホームページに設定され、Ask.comがブラウザのデフォルト検索エンジンに設定されるので外しておこう 特別な使い方をするのでなければ、デフォルトを選択しておけばいいだろう
PDFに埋め込まれたJavaScriptの実行を防ぐ「Safe Mode」を利用可能にするオプションにチェックが入っている。これはこのままで、JavaScriptが使いたい時にメニューでオフにすればいいだろう セットアップ完了画面。一番下のチェックは、eBayへのクイックラウンチアイコンをデスクトップに作成するオプション。eBayを頻繁に利用するユーザー以外は不要なので外そう
Firefox 4.0の環境設定画面。前バージョンから利用していて上書きインストールの場合は、メニューが日本語化された状態で利用できるようだ。テキスト検索や、注記を書き足すなども日本語で問題なく利用できた
テキスト検索や、注釈を書き込むなども日本語で問題なく利用できた

関連情報

(青木 大我 taiga@scientist.com)

2010/6/30 10:24