記事検索

Amazon.co.jpが「お届け日時指定便」スタート、最短で翌日指定も可能


日時を指定する際に表示されるカレンダー

 アマゾンジャパンは2日、同社が運営するオンラインストア「Amazon.co.jp」において、ユーザーが指定した日時に商品を届けるサービス「お届け日時指定便」を開始した。沖縄、離島を除く、国内全地域が対象。配送料は「Amazonプライム」(年会費3900円)会員の場合は無料、Amazonプライム会員でない場合は350円。

 対象商品はAmazon.co.jpが発送する「在庫あり」の商品。ただし、商品の種類やサイズによって利用できない商品もある。この場合、配送方法選択画面で「お届け日時指定便」は表示されない。また、コンビニ/ATM/ネットバンキング/Edyでの支払い、およびコンビニ受け取り、Amazonマーケットプレイスの出品者が発送する商品は対象外。

 指定可能な日時は、注文日翌日から9日間。最短で指定できる日時は、注文時間帯、商品、配送先地域によって異なり、注文日の翌日から3日後まで。実際の期間は、配送方法選択画面や注文確定画面で、日時を指定する際にカレンダーで確認できる。1回の注文で複数商品を注文する場合でも、指定できる日時は1つのみとなっている。

 なお、配送時に不在の場合は、配送業者が不在伝票を残して、商品を営業所に持ち帰る。2日以内にユーザーからの連絡がない場合、商品はAmazon.co.jpの配送センターに返送され、注文はキャンセルとなる。また、Amazon.co.jpによる発送手続きが開始された後に、配送日時を変更したい場合は、配送業者に直接連絡する必要がある。


関連情報

(増田 覚)

2010/8/3 12:04