記事検索

Yahoo!モバゲーで障害、他のユーザーの情報が閲覧できる状態に


 ヤフーとディー・エヌ・エー(DeNA)は、DeNA運営のソーシャルゲームポータルサービス「Yahoo!モバゲー」β版で発生していた障害の概要を明らかにした。ログインした際、一時的に他のユーザーの情報を参照できるようになっていた可能性があるという。

 「Yahoo!モバゲー」は、パソコンから利用できるソーシャルゲームサービス。9月21日からオープンし、試験提供中のβ版に位置付けられている。今回確認された事象は、9月22日12時50分〜23日21時30分にかけて、「Yahoo!モバゲー」において、一定条件を満たしたユーザーのモバゲーIDに紐づくページが、他のユーザーからアクセスできる状態になっていた。この条件は、事象発生以前に、モバイル版モバゲータウンに入会していたユーザーが、事象発生中に、モバイル版モバゲータウンの「お知らせ」から「Yahoo!モバゲー」へ会員登録した場合となる。

 他のユーザーから閲覧できるようになっていたページは、マイページからアクセスできる「ミニメ」の履歴やプロフィール情報、あしあと、モバコインの使用履歴など。Yahoo!モバゲーでは、スマートフォンなどから利用する場合、クレジットカード情報の登録が求められるが、今回の事象では、クレジットカード番号など決済に関する情報へはアクセスできず、漏洩していないとのこと。

 これまでユーザーからの問い合わせにより、ユーザー10名が同事象の該当者であることが確認されている。該当ユーザーはそれよりも多い可能性はあるが、ヤフーでは「特定条件を満たすユーザーはそれほど多くないと考えている」としている。

 ユーザーからの問い合わせを受けて調査し、24日早朝に原因が「ID登録処理の設定が誤っていたため」と判明した。23日21時40分以降は、事象が発生していないことが確認され、現在復旧措置が行われている。また、現在停止しているサービスは、準備が整い次第、再開するとのことだが、現時点ではまだ再開時期は確定していない。


関連情報


(関口 聖)

2010/9/24 21:28