記事検索

Appleが次期OS「Mac OS X Lion」を発表、Mac向けApp Storeも開設


Mac OS X Lionの先行告知ページ

 米Appleは20日、2011年夏に出荷予定の次期バージョンのOS「Mac OS X Lion」を発表し、機能の一部を公表した。Mac OS X Lionでは、iPadで使われているユーザーインターフェイスのアイデアをMacに還流。また、Mac向けのアプリケーションストア「Mac App Store」の開設も発表された。

 Mac App Storeは、iPhoneやiPad向けのApp Storeと同様に、Mac用アプリをiTunesからダウンロード・購入できるストア。今後、90日以内に現行のMac OS X Snow Leopardでも利用できるようになり、Mac OS X Lionには出荷時にMac App Storeが含まれる。

 ユーザーインターフェイス面では、新たに「Launchpad」を導入。Dock上のLaunchpadアイコンをクリックすると、現在表示しているウィンドウが消え、iPadのホーム画面のようにMac内のアプリケーションが並んで表示される。アプリケーションアイコンの配置の変更や、アプリケーションページの切り替えなどもiPadと同様に行える。

Mac向けアプリストア「Mac App Store」を開設 iPadのようにアプリにアクセスできる「Launchpad」

 また、iPadのようにアプリケーションをフルスクリーンで表示する利用法をサポート。他のアプリケーションへの切り替えをトラックパッドのスワイプにより行うことができ、逆方向にスワイプすればデスクトップに戻ってマルチウィンドウの形で利用できる。

 新機能としては、Mac上で起動しているすべてのアプリケーションとウィンドウを一目で見渡せる「Mission Control」機能を追加。開いているウィンドウがアプリケーションごとにグループ分けされ、フルスクリーンアプリケーションのサムネイルや、Dashboard、Spacesなどとまとめて表示される。

フルスクリーン表示での利用をサポート アプリとウィンドウを一目で見渡せる「Mission Control」

関連情報

(三柳 英樹)

2010/10/21 12:40