記事検索

Windows 7が1周年、販売本数は2億4000万本以上


 米Microsoftは21日、「Windows 7」が発売から1年間で2億4000万ライセンス以上を販売したと発表した。

 Windows 7は、2009年9月1日に法人向けライセンス販売を開始し、10月22日に一般向けの販売を開始。2010年7月の決算発表時には、Windows 7の累計販売数が1億7500万本以上に達したことを公表していたが、その後3カ月でさらに6500万本以上が販売された。

 Microsoftでは、9月に販売されたコンシューマー向けPCの93%にはWindows 7が搭載されていると説明。また、米Net Applicationsの調査によれば、Windows 7は全世界のOSシェアの17%を占めているとしている。


関連情報

(三柳 英樹)

2010/10/22 12:27