記事検索

Panda Security、初のMac OS向けセキュリティ対策ソフトを発売


「Panda Antivirus for Mac」の動作イメージ

 スペインPanda Securityの日本法人であるPS Japan株式会社は22日、Mac OS用のセキュリティ対策ソフト「Panda Antivirus for Mac」を発売した。自社サイトでのダウンロード専売ソフトで、価格は4995円。利用可能期間は1年。同社がMac OS向けのセキュリティ対策ソフトをリリースするのは今回が初めて。

 「Panda Antivirus for Mac」は、Mac OS X 10.5以降に対応。30日間利用可能な無料体験版もすでに公開中。

 「Panda Antivirus for Mac」ではトロイの木馬やスパイウェア、キーロガー、アドウェアを検知して駆除またはブロックする。Apple製品を対象とした脅威に加え、WindowsとLinuxに影響を与えるウイルスからの保護にも対応させたことで、Macユーザーが他のOS向けウイルスを送信することを防ぐ。

 また、iPhone/iPad/iPod touchを対象としたウイルス検知に対応。USBケーブルでMacと接続した際、iPhoneのシステム全体をスキャンし、他の機器に感染するウイルスの侵入を防止するという。

 Panda Securityでは、「Appleがさらにマーケットシェアを伸ばし世界の約15%に達する時、ハッカー達はこのプラットフォームをターゲットにした攻撃を開始すると推測してきた」と説明。Appleのシステムに影響を与えるマルウェアはすでに5000種類分類され、毎月500種類のサンプルが登場している事例に触れ、Mac OSでもウイルス対策が必要であることをアピールしている。


製品イメージ。ただしパッケージ版は現在なく、ダウンロード専売となっている 動作画面

関連情報


(森田 秀一)

2010/10/22 14:37