記事検索

NTTドコモ、LTEサービス「Xi」を12月24日スタート


 NTTドコモは、LTEサービス「Xi」(クロッシィ)を12月24日より提供開始する。

 Xiは、LTE方式によるドコモの高速データ通信サービス。通信速度は一部施設内で下り最大75Mbps、上り最大25Mbps、、そのほかのエリアは下り最大37.5Mbps、上り最大12.5Mbpsとなる。2011年中にも音声通話サービスが提供される予定。

 対応エリアは東名阪地域から開始される。12月のスタート時には、東京都(23区内)の一部、神奈川県横須賀市の一部、千葉県成田市の一部、愛知県名古屋市および常滑市の一部、大阪府の大阪市、豊中市、池田市、泉佐野市、泉南市の一部。

 mopera Uはサービス開始当初よりXiに対応する。mopera Uは12月1日より、Uスタンダードプラン(Xi、FOMA)月額525円、Uライトプラン(FOMA)月額315円となる。

 通信料金は、「Xiデータプランにねん」「Xiデータプラン」が用意される。

 「Xiデータプランにねん」は、0〜3177KBが1000円、3177KB〜20667KBが1KBごとに0.315円加算、20667KB〜5GBが6510円となる。5GB以降は2GBごとに2675円が加算される。「Xiデータプラン」は、0〜3177KBが2470円、3177KB〜20667KBが1KBごとに0.315円加算、20667KB〜5GBが7985円となる。5GB以降は2GBごとに2675円が加算される。なお、ユーザーの希望に応じて5GBごとに通信をストップできるようになる。

 2010年12月24日〜2012年4月30日まではキャンペーン価格が適用され、「Xiデータプランにねん」の上限は4935円、「Xiデータプラン」の上限は6405円となる。

 なお、対応端末として、「L-02C」「F-06C」が案内されている。


関連情報

(津田 啓夢)

2010/11/8 14:31