記事検索

Mozilla、Firefoxの「遅いアドオンのランキング」公表、高速化に向け取り組み


Firefoxの起動時間が遅くなるアドオンをランキング形式で公開

 Mozillaは1日、Firefoxのパフォーマンス向上を目的とした、アドオンの高速化に向けた取り組みを発表した。

 Mozillaでは、Firefoxのユーザーにとってパフォーマンスとカスタマイズはどちらも重要だが、1つのアドオンをインストールするとFirefoxの起動時間は平均して10%遅くなるというデータを紹介。多くのアドオンは起動時間に10%未満の影響しか与えないが、一部のアドオンが起動時間に大きな影響を与えているため、アドオンの高速化に向けた取り組みを行うとしている、

 Firefoxのアドオンギャラリーで上位100位のアドオンに対しては、自動的なパフォーマンステストを行い、起動時間を遅くしているアドオンをランキング形式で毎週発表する。また、起動時間が25%以上遅くなるアドオンについては、2週間以内にアドオンギャラリーのページで警告を表示する。

 アドオンの開発者に対しては改善を促すとともに、数カ月以内に開発者向けのパフォーマンステストツールを提供する。また、次期バージョンのFirefoxでは、サードパーティのアドオンはユーザーが許可しない限りインストールできない仕様に変更するとしている。

 Firefoxユーザーに対しては、遅いアドオンへの対策として、使用しないアドオンは無効にすることを推奨している。アドオンは無効にすることで起動時にロードされなくなるため遅くなることを防げ、利用したい際にはいつでも有効化できるとしている。


関連情報

(三柳 英樹)

2011/4/4 16:22