記事検索

W3C、ブラウザー上でのリアルタイムコミュニケーション実現に向け規格策定へ


 World Wide Web Consortium(W3C)は5日、ウェブブラウザー上でリアルタイムコミュニケーションを実現するためのワーキンググループの設立を発表した。

 新たに設立した「Web Real-Time Communications Working Group」では、ウェブブラウザー上でのリアルタイムコミュニケーションを可能にするための、クライアントサイドAPIの規格を策定する。これにより、ウェブブラウザー上で音声や動画などを利用したリアルタイムコミュニケーションが、追加のダウンロードやプラグイン無しに実現可能となるとしている。

 また、APIの機能にはピアツーピア型の接続も含まれ、これによりサーバーを介することなくリアルタイムコミュニケーションが実現可能になるとしている。


関連情報

(三柳 英樹)

2011/5/9 16:14