記事検索

NTTドコモ2011年夏モデル24機種を発表、スマートフォンは9機種


 NTTドコモは16日、2011年夏に発売する新機種を発表した。スマートフォン9機種、従来型の携帯電話12機種、データ通信端末3機種の合計24モデルをラインナップする。

 スマートフォンは8機種がAndroid 2.3、残りの1機種はBlackBerry 6.0を搭載。Android端末は、おサイフケータイやワンセグ、赤外線通信、防水機能をサポートする機種を拡大した。また、スマートフォンをモバイルWi-Fiルーターのように利用できるテザリング機能にも7機種が対応した。

 Android端末としては、ツインカメラで3D動画を撮影できる「AQUOS PHONE SH-12C」、700カンデラの高輝度ディスプレイを搭載する「Optimus bright L-07C」、1.2GHzのデュアルコアCPUと4.3インチのスーパー有機ELディスプレイを搭載する「GALAXY S II SC-02C」、厚さ7.9mmの薄型モデルで防水を実現した「MEDIAS WP N-06C」、赤外線やおサイフケータイ、ワンセグ機能を搭載する「Xperia acro SO-02C」、明るい場所でも見やすい高精彩スーパークリア液晶を搭載する「F-12C」、スマートフォン初心者向けにプリセットアプリを充実させた「P-07C」、国内初となるワイヤレス充電機能に対応した「AQUOS PHONE f SH-13C」がある。

GALAXY S II SC-02C Xperia acro SO-02C

 Android端末以外のスマートフォンとしては、BlackBerry 6.0を搭載する「BlackBerry Bold 9780」を投入する。

 従来型の携帯電話としては、STYLEシリーズ5機種、PRIMEシリーズ4機種、SMARTシリーズ2機種、コンセプトモデル1機種を発表。コンセプトモデルの「F-07C」は、Windows 7とSymbian OSのデュアルOSを搭載したFOMA端末。専用ボタンを押すことで、Windows 7環境とiモード端末環境を切り替えられる。

BlackBerry Bold 9780 F-07C

 データ通信端末としては、NTTドコモのLTE方式の通信サービス「Xi」(クロッシィ)に対応したWi-Fiルーター「L-09C」と「BF-01C」を投入。また、Xi非対応のUSB型データ通信カード「L-08C」もラインナップする。

L-09C BF-01C

関連情報

(増田 覚)

2011/5/16 15:08