記事検索

ハッカソン「Hack For Japan」第2回開催へ、復興支援に向けて6都市で


 東日本大震災からの復興を継続的に支援するためのIT開発活動を支えるコミュニティ「Hack For Japan」は、2回目のハッカソンイベントを5月21日・22日に開催する。

 ハッカソン(ハックとマラソンを合わせた造語)とは開発者が集まり、あるテーマに基づいて実際にコーディングを行うイベントのこと。

 2回目となる今回は仙台市、会津若松市、福岡市、高松市、東京、ロンドンの6都市で同時開催となる。

 21日はアイデアソンとし、主に復興に向けて必要なことを話し合い、翌22日はその話し合いを経て生まれたアイデアを元に開発を行うハッカソンを行う予定。

 21日には主要会場である仙台、会津若松、東京を回線で結んで、被災地の状況を現地から発信したり、開発に利用できる技術についての説明を行う。

 開催時間は両日とも10時から18時まで。イベントの詳細や参加申し込み方法に関しては、Hack For Japanのサイトで告知している。


関連情報


(増田 覚)

2011/5/17 14:48