記事検索

「ULTRA SPEED」対応Wi-Fiルーター「007Z」発売、新料金プランも


 ソフトバンクモバイルは、下り最大42MbpsのDC-HSDPA/HSPA+方式のデータ通信サービス「ULTRA SPEED」に対応したZTE製モバイルWi-Fiルーター「007Z」を7月8日に発売する。これにあわせて、データ通信向け料金プランも提供される。

 「007Z」は、「ULTRA SPEED」に対応したZTE製モバイルWi-Fiルーター。昨年11月の発表会において、2011年3月下旬以降に発売が案内されていたモデルとなる。

 DC-HSDPA方式に対応し、通信速度は下り最大42Mbps、上り最大5.8Mbpsとなる。最大10台のWi-Fi対応機器が接続できる。無線LAN規格としては、IEEE802.11 b/g/n準拠し、かんたん接続機能「WPS」に対応。セキュリティ機能は、WPA2-PSK(TKIP/AES)、WPA-PSK(TKIP/AES)、WEP 128/64bitをサポートする。

 大きさは約102×53×16.6mmで、重さは約97g。連続通信時間は約4時間。

ULTRA SPEED向け料金プラン

 ソフトバンクモバイルは、7月8日より、「ULTRA SPEED」向けの料金プラン「データし放題フラット for ULTRA SPEED」と「データし放題 for ULTRA SPEED」を提供する。「007Z」のほか、7月下旬発売予定の「005HW」などに対応した料金プランとなる。

 「データし放題フラット for ULTRA SPEED」は、「データフラットプラン for ULTRA SPEED」と「データフラットプランS」を同時に契約することで、基本料金が割引されるパッケージ型の料金プラン。通信料金は月額4980円となるが、7月8日〜11月30日の期間中に申し込むと「データ通信スタートキャンペーン」が適用され、月額3880円で利用できる。

 「データし放題 for ULTRA SPEED」は、「データフラットプラン for ULTRA SPEED」と「データフラットプランS」を同時に契約することで、基本料金が割引され、二段階の定額料金で利用できるパッケージ型料金プラン。パケット通信料は通常、月額1400円〜月額5460円となるが、「データ通信スタートキャンペーン」を提供すると、月額1400円〜月額4980円となる。パケット単価は0.042円。

 2つのパッケージ型料金プランは、新規加入かつ、2年契約が条件となり、更新月以外に解約すると契約解除料9975円がかかる。ユーザーは「データフラットプラン for ULTRA SPEED」と「データフラットプランS」を契約した上で、定額制の「データし放題フラット for ULTRA SPEED」か、2段階制定額の「データし放題 for ULTRA SPEED」を選ぶ形になる。

 なお、「データフラットプラン for ULTRA SPEED」の単体契約は月額7380円となる。ソフトバンクがサブエリアに位置付ける「データフラットプランS」は、イー・モバイルの卸売り回線を利用したもので、こちらも単体契約は月額7380円となる。

 利用するには専用のSIMカード「データ通信USIMカード(Dual)」が必要となる。1枚のSIMカードで、メインエリアとイー・モバイル網のサブエリアを自動的に切り替えて利用できる。

通信エリアと通信速度制限

 ソフトバンクでは、「データし放題対応エリア」および、「データし放題対応サブエリア」について、政令指定都市、県庁所在地をはじめとした全国の各都市と案内している。

 ULTRA SPEEDは、ソフトバンクの1.5GHz帯を利用したデータ通信サービス。HSPAを高度化し、理論値ながら下り最大21Mbpsを実現するHSPA+方式と、隣り合った2つのHSPA+を2つ同時に受信することで、下り最大42Mbpsを実現するDC-HSPA方式に対応する。

 ソフトバンクの定義する「データし放題対応エリア」は、下り最大21Mbps以上に対応したエリアのことで、6月末時点の人口カバー率は75%となる。同社では9月末までに80%に拡大する予定。

 なお、一定期間に大量のパケット通信を利用した場合、通信速度制限を受ける場合がある。「データフラットプラン for ULTRA SPEED」の場合は、前々月の月間パケット通信量が3000万パケットを超えた場合に当月1カ月間、通信速度が制限される場合がある。

 「データフラットプランS」は、24時間ごとのパケット通信量が300万パケットを超えると、当日21時〜翌日2時の通信速度が制限される場合がある。


関連情報


(津田 啓夢)

2011/7/5 18:29