記事検索

Steve Jobs氏がApple社CEOを辞任〜後任は現COOのTim Cook氏


 米Apple社取締役会は24日、同社CEOのSteve Jobs氏が辞任し、後任としてCOOのTim Cook氏を新CEOとして指名したことを発表した。これと同時にJobs氏は取締役会議長に選任され、Cook氏も取締役となる。Steve Jobs氏は2004年に膵臓がん手術から回復した後、2009年には肝移植手術を受けていた。

 Cook氏はApple社で13年の経験があり、Steve Jobs氏が膵臓がんを宣告された2004年以降、同社では実務において実質的に指導的な役割を果たし、Jobs氏を補佐してきた実績を持つ。

 辞任にあたり、Jobs氏はAppleコミュニティーに向けて公開書簡を公表。Jobs氏は書簡で「もし、私がApple社のCEOとしての責務と期待にこたえることができない日が来たら、私は真っ先に皆様にそれを伝えると言ってきました。残念なことに、その日が来てしまいました」と語っている。

 Jobs氏はCEOを辞任するが、後任のTim Cook氏が予定されているプランはすべて実行に移すと説明したうえで、「Apple社の最も輝かしく、かつ革新的な日々は、これからの将来にあると信じています。そして私の新たな役割において、その成功を見、それに貢献することを楽しみにしています。私は最良の友人の何人かをAppleで得ることができました。そして、皆様と共に肩を並べて長年にわたって働くことができたことを、すべての皆様に感謝しています」と結んでいる。

 Jobs氏は、今年6月のApple開発者コンファレンスにおいて、「iCloud」の発表を行った。しかし、iOS5に関連した多くの発表に関しては、他のApple社員に任せていたことから、同氏の病状の悪化が心配され、後継プランに入ったのではないかとささやかれていた。

 また、開発者コンファレンスの直後には「宇宙船」とも呼ばれる、きわめて斬新なデザインのApple社新社屋建設計画を発表。新社屋計画について説明するために、Jobs氏自らカリフォルニア州クパチーノ市議会に赴き、プレゼンテーションを行ったことが大きな話題となった。この異例とも思える行動は大きな話題を呼び、同氏が後世に語り継がれるようなApple社屋を残したかったのではないかとの憶測を呼んでいた。

 Steve Jobs氏は2004年に膵臓がんにかかっていることを発表。休養をとって手術し復帰したが、2009年に膵臓移植手術を受けている。



関連情報

(青木 大我 taiga@scientist.com)

2011/8/25 10:28