記事検索

ロジテックが小型11n無線LANルーター、スリムなのにギガビットポートも4基装備


 ロジテック株式会社は、IEEE 802.11b/g/n(2.4GHz)対応のコンパクトサイズ無線LANルーター2製品を10月上旬に発売する。標準価格は、ACアダプター電源の「LAN-W300N/PGRB」が8400円、電源内蔵の「LAN-W300N/IGRB」が9870円。

ACアダプター電源の「LAN-W300N/PGRB」 電源内蔵の「LAN-W300N/IGRB」

 無線LANはIEEE 802.11n規格に対応しており、通信速度は最大300Mbps(理論値)。セキュリティ面では、WPA-PSK(TKIP)、WPA2-PSK(AES)、WEP(128/64bit)の暗号化通信をサポート。PCとゲーム機などでセキュリティレベルを区別できるマルチSSIDにも対応している。

 本体サイズが「LAN-W300N/PGRB」で102.0×70.0×14.3mm、「LAN-W300N/IGRB」で128.0×70.0×14.8mmとコンパクトなのにもかかわらず、1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T対応のギガビット有線LANポートを4基、同じくWANポートを1基装備しているのが特徴。

LAN-W300N/PGRB

 ロジテックではこのほか、コンパクトサイズのギガビットスイッチングハブの新製品も10月上旬に発売する。ポート数が3基・5基・8基、カラーがそれぞれブラック・ホワイトの計6製品ラインナップする。3ポート仕様の「LAN-GSW03/PSB」「LAN-GSW03/PSW」は、本体サイズが97×52×16.5mm、標準価格が3000円。5ポート仕様の「LAN-GSW05/PSB」「LAN-GSW05/PSW」は、本体サイズが97×68.5×16.5mm、標準価格が3200円。8ポート仕様の「LAN-GSW08/PSB」「LAN-GSW08/PSW」は、本体サイズが119×68.5×16.5mm、標準価格が4900円。いずれも電源はACアダプターで、本体はファンレス、筐体はプラスチックで軽量化を図っている。

3ポート仕様でホワイトの「LAN-GSW03/PSW」 8ポート仕様でブラックの「LAN-GSW08/PSB」




関連情報


(永沢 茂)

2011/9/30 06:00