記事検索

GNU PDFプロジェクトが“完成”、米FSFが発表


 米Free Software Foundationは6日、GNU PDFプロジェクトが完成の域に達したことから、同財団の優先度の高いプロジェクトのリストから削除されたことを発表した。

 発表によると、GNU/Linuxで一般的に使用されているPDFライブラリでGNU PDFプロジェクトの中核をなす「libpoppler」が、PDFの一般的機能に加えて、注釈、フォームなどの機能を十分な完成度でサポートできるようになったとしている。

 GNU PDFプロジェクトは2007年に開始され、フリーソフトウェアとして、PDF1.7 ISO 32000-1国際標準規格を完全に実装することを目標にしてきた。

 多くのPDFビューアーはフリーで提供されているものの、注釈やフォーム、電子証明などの機能は多くの場合、プロプライエタリソフトウェアとしてしか提供されていないことを同財団は問題としてきた。

 GNUプロジェクトでは独自のPDFビューアーは提供してはいないが、「すべてのフリーソフトウェアユーザーは、これまでプロプラエタリソフトウェアでしか利用できなかった機能を持つPDFソフトウェアを使用できるようになった」とコメントしている。


関連情報

(青木 大我 taiga@scientist.com)

2011/10/7 11:14