記事検索

「iPhone 4S」予約受付開始、auとソフトバンクが価格を発表


 アップルのスマートフォン「iPhone 4S」の日本での販売について、KDDIと沖縄セルラー(au)、ソフトバンクモバイルがそれぞれ価格を発表し、7日午後4時から予約受付を開始した。発売は10月14日。

auの端末価格、料金プラン

 auの端末価格は、16GBモデルが実質0円、32GBモデルが1万320円、64GBモデルが2万640円。価格はそれぞれ、直営店のau NAGOYAで「毎月割」を24カ月間適用した新規契約の場合の実質的な負担金額。

 料金プランは、「プランZシンプル」または「プランF(IS)シンプル」のいずれかが利用可能。

 「プランZシンプル」は、基本使用料が月額980円(「誰でも割」適用時)。通話料が、au携帯電話宛の通話が午前1時〜午後9時は無料、それ以外は21円/30秒。SMS(i)送信料が、au携帯電話宛が無料、それ以外が3.15円/通。

 「プランF(IS)シンプル」は、基本使用料が月額780円(「誰でも割」適用時)。通話料が、家族間通話は無料、それ以外は21円/30秒。SMS(i)送信料が、3.15円/通。

 データ通信料については、通常月額5460円の「ISフラット」が、最大24カ月間月額4980円となる「ISフラット iPhone スタートキャンペーン」を実施する。申し込み期間は2011年10月14日〜2012年1月31日。新規契約当月の利用分から自動的に割引が開始され、24回の割引をもって終了となる。

 iPhone向けのキャンペーンとしては、MNPを利用してiPhone 4Sを購入したユーザーに対して、1万円をキャッシュバックするキャンペーンを実施する。申し込み期間は2011年10月14日〜2012年1月31日。

ソフトバンクモバイルの端末価格、料金プラン

 ソフトバンクモバイルの端末価格は、16GBモデルが0円、32GBモデルが月額480円×24カ月(計1万1520円)、64GBモデルが月額880円×24カ月(計2万1120円)。価格はいずれも、バリュープログラム(i)の場合の実質的な負担金額。

 料金プランは従来のソフトバンクモバイルのプランと同様で、「ホワイトプラン(i)」の場合、基本使用料が月額980円。通話料が、ソフトバンク携帯電話宛の通話が午前1時〜午後9時は無料、それ以外は21円/30秒。SMSの送信料が、ソフトバンク携帯宛が無料、それ以外が3.15円/通。

 データ通信料は、月額4410円の「パケットし放題フラット」が利用可能。このほか、月額315円の「S!ベーシックパック(i)」への加入が必須となる。

 iPhone向けのキャンペーンとしては、iPhoneに加えてiPad 2(3Gモデル)を2回線目として契約したユーザーに対して、iPad 2の月間100MBまでのパケット通信料とウェブ利用料、契約事務手数料、ユニバーサルサービス料が0円となる「アレ コレ ソレ キャンペーン」を実施する。月間100MBを超えた場合の料金は、パケット通信料が0.0525円/パケットで上限が4980円、ウェブ利用料が315円。端末代金も別途必要となる。キャンペーン期間は10月14日〜11月30日。既にiPhoneを持っているユーザーでも、キャンペーン期間中にiPad 2の新規加入をした場合は対象となり、iPhoneとiPad 2が同一名義、同一請求先であることが条件となる。

 また、現在iPhone 3G/3GSを利用中で分割支払金が残っているユーザーに対して、iPhone 4Sに機種変更すると、残りの分割支払金と同等の金額を毎月値引きする「実質無償機種変更キャンペーン」も実施する。キャンペーン期間は10月14日〜11月30日。


関連情報


(三柳 英樹)

2011/10/7 18:26