記事検索

BIGLOBE、SNSで散らばった友達を集められるスマホ向けメッセンジャーアプリ


 NECビッグローブ株式会社(BIGLOBE)は28日、利用者同士がリアルタイムにチャットや写真共有を行えるグループメッセージングアプリ「RingReef(リングリーフ)」を公開した。iPhoneおよびAndroid端末向けに無料で提供する。現時点で操作画面は英語表記のみに対応する。

 自由にメンバーを選んでグループを作成し、グループ間でコミュニケーションが行えるアプリ。プッシュ機能を搭載しており、自分に関連するグループ宛のメッセージが送信されると通知されるため、リアルタイムでメッセージをやりとりできる。

 グループは、メンバーを限定したクローズなグループと、誰でも参加できるオープンなグループを作れる。Facebook、Twitter、mixiとも連携し、各SNS上の友達リストをインポートしてグループを作成できる。

 各SNSとの連携ではFacebookの「友達」、Twitterの「相互フォロワー」、mixiの「マイミク」をインポートする。このため、各SNSに散らばっている友達を集めてRingReef上でグループを作成することが可能だ。
アプリ上ではグループのことを「Reef」といい、メンバー限定のグループや、誰でも参加可能なグループを作成できる グループ内でのメッセージのやりとり。チャットや写真を投稿できる

 また、スマートフォンの位置情報を活用し、近くにいるアプリの利用者同士でグループを作成する機能を備える。これにより、電話番号やSNSのIDを知らない利用者同士でも、個別に連絡先を交換せずにグループを作成できる。

 このほか、メンバーが写真を投稿することで、メンバー間で1つのアルバムを作成・共有する機能もある。

 RingReefはスマートフォン向けアプリだが、PCからの利用にも対応しているため、長文のやり取りが必要になるビジネスシーンでも有効だとしている。
近くにいるアプリの利用者同士でグループを作成する機能 メンバー間で1つのアルバムを作成・共有する機能

 なお、現時点で操作画面は英語にしか対応していないが、11月後半には日本語もサポートする予定。また、音声通話機能については、利用者の要望があれば追加することを検討したいという。

 BIGLOBEではグローバルにアプリを提供することで、今後1年間で1000万ダウンロードを目指す。さらに、将来的にはアプリ上での広告配信などを行い、2013年度末までに4億円の売り上げを目標に掲げている。
PCからの利用画面


関連情報


(増田 覚)

2011/10/28 16:16