記事検索

Adobe Reader/Acrobatの臨時アップデート公開、ゼロデイ脆弱性を修正


 米Adobe Systemsは16日、Adobe Reader 9およびAcrobat 9のWindows版について、新たに発見された脆弱性を修正したバージョン9.4.7を公開した。

 バージョン9.4.7では、U3DコンポーネントとPRCコンポーネントに存在する2件の脆弱性を修正する。この脆弱性は、既に標的型攻撃に悪用されていることが確認されており、Adobeでは定例外のアップデートを公開することを12月6日に予告していた。

 また、この脆弱性はAdobe Reader XおよびAcrobat Xにも影響があるが、保護モード機能により攻撃を防ぐことが可能だとして、修正は2012年1月10日に予定している定例アップデートで行うとしている。Mac版とUNIX版についても同様に、2012年1月10日の定例アップデートで対処する。


関連情報


(三柳 英樹)

2011/12/19 11:57