記事検索

FacebookやGoogleなど15社、フィッシング対策の共同部会「DMARC.org」設立


 FacebookやGoogleなど15社は30日、スパムメールやフィッシングメールへの対策を目的としたワーキンググループ「DMARC.org」を設立した。

 ワーキンググループにはFacebookとGoogleのほか、Agari、American Greetings、AOL、Bank of America、Cloudmark、Comcast、Fidelity Investments、LinkedIn、Microsoft、PayPal、ReturnPath、Trusted Domain Project、Yahoo!が参加。ワーキンググループではメールの正当性を送信者と受信者の間で確認するための技術仕様を「DMARC」としてまとめ、標準化を目指す。

 SPFやDKIMなどの送信者を認証するための技術も、送信者がどのような範囲で利用しているかを知るための手段がないため、受信者側では、正当だが認証されていないメールとフィッシングメールを複雑かつ不確実な方法で振り分けなければならないと、ワーキンググループでは指摘。こうした問題を解決するための手法をDMARCとして仕様にまとめ、フィールドテストを実施した後、標準化に向けてIETFに提出するとしている。


関連情報

(三柳 英樹)

2012/1/31 13:06