記事検索

「Google Translate」、エスペラント語の翻訳に対応


 米Googleは22日、オンライン翻訳サービス「Google Translate(Google 翻訳)」でエスペラント語の翻訳に対応した。PC向けサービスだけでなく、iOSおよびAndroid向けアプリでも近日中にサポートするという。

 エスペラント語は世界の誰もが簡単に学べる共通言語として、ルドヴィコ・ザメンホフ氏が1887年に考案した人工言語。現在は数十万が実際に使っており、エスペラント語について多少の知識を持っている人は数百万人に上るとされている。

 Googleによれば、エスペラント語の機械翻訳の質は驚くほど高いという。同社は翻訳サービスを投入する際、既存の翻訳データを使って実験を行っているが、エスペラント語の現存する訳文は、ドイツ語やスペイン語の訳文と比べると100倍以上少なかったと説明。しかし、エスペラント語は学びやすくするために人工的に構築されていることから、機械翻訳との相性が良かったのではないかとコメントしている。


関連情報


(増田 覚)

2012/2/23 14:51