記事検索

GREEやDeNAなど6社、ソーシャルゲーム利用環境向上のための協議会設置


 NHN Japan、グリー、サイバーエージェント、ドワンゴ、ディー・エヌ・エー、ミクシィの6社は、各社のプラットフォームで提供するソーシャルゲームの利用環境向上などを目的とした連絡協議会を設置した。

 連絡協議会ではまず、「ゲーム内におけるわかりやすい表示」「ゲームの内容の事前確認」「未成年ユーザーなどの保護の充実・強化」といった各種施策に関して、定期的に情報交換を実施。その上で、実効性のある対策を各社で共有していく。

 さらに、ゲーム上のキャラクターやアイテム、カードなどを現実の通過で売買する「リアルマネートレード(RMT)」などの「利用環境を阻害する行為」についても、より効果的な注意喚起・警告表示方法などを検討・実施し、各社で共有する。

 6社によれば、各社が運営するプラットフォームはこれまでも、利用規約違反や利用規約上の禁止行為について厳しく対処してきたという。また、ユーザーや開発パートナー各社への啓発活動やパトロールにも取り組み、利用環境の整備を図ってきたとしている。

 6社は今後、逐次協議を進めていく予定。各社で緊密に協議を進めた上で随時、可能な限り速やかに必要かつ適切な施策を積極的に推進していくという。


関連情報


(増田 覚)

2012/3/21 18:26