記事検索

米Google、1000カ所の表形式データをGoogle Mapsに一括記入できるツールを公開


 米Googleは11日、Google EarthやGoogle Mapsで利用できる支援ツール「Spreadsheet Mapper 3」を公開した。「Spreadsheet Mapper」の新バージョン公開は4年3カ月ぶりとなる。

 「Spreadsheet Mapper」は、表形式データとなっている場所を、Google Earth/Mapsに一括登録できるKMLファイルを作成するためのツールで、Google DocsのGoogle App Scriptを使用して作成されている。

 今回のバージョンアップにより、最大1000カ所を一括登録できるようになったほか、カスタマイズできるバルーンデザイン、作成した地図共有やアップロード作業を簡単にしたなどの改良点がある。

 表形式の場所のデータは、緯度経度情報を入力する必要がある。地名で入力することも可能ではあるが、その場合、作成したKMLファイルを読み込むたびに、それぞれの場所の検索を行う必要があるため、Googleでは推奨していない。



関連情報

(青木 大我 taiga@scientist.com)

2012/5/14 06:00