記事検索

「Pinterest」を狙う新種の詐欺、ギフト進呈を装い外部サイトへ誘導


 マカフィー株式会社は21日、オンラインで収集した画像を仮想のボードにピン(貼り付け)することで、他のユーザーと共有できるSNS「Pinterest」を狙う新種の詐欺が出回っているとして注意喚起した。

 詐欺の手口はまず「無料サンプルの配布」をうたい、Pinterest上で有名ブランドのロゴとともに「商品/ギフトカードを無償で進呈します」と記載された画像をクリックさせる。

 画像のリンク先は外部サイトとなっており、画像をボードに貼り付けるようユーザーに促す。さらに、リンクをクリックさせてアンケート詐欺サイトに誘導し、被害を広げようとするのが特徴だとしている。

 マカフィーによれば、こうしたサイトは、アンケートに記入させようとするだけでなく、アンケートとは無関係のサービスにも登録を要求して個人情報を引き出したり、危険なマルウェアをインストールさせることもあるとしている。

 被害に遭わないためには、セキュリティソフトやサイトの安全性を評価するソフトを使って対策を行うとともに、定期的に自分のピンボードをチェックして、疑わしいピンがあれば削除したり、怪しい画像を自分のボードに貼り付けないよう呼びかけている。


関連情報

(増田 覚)

2012/5/21 12:47