記事検索

Microsoft、自社ブランドのタブレット「Surface」を発表


 米Microsoftは19日、自社ブランドのタブレット「Surface」を発表した。ARMプロセッサーに対応した「Windows RT」モデルと、次世代OSの「Windows 8 Pro」モデルの2種類があり、前者はWindows 8のリリースと同時、後者は約90日後に発売する。どちらもオンラインの「Microsoft Store」から購入できる。

Surface

 Windows RTモデルの主なスペックは以下の通り。

・重さ:676g
・厚さ:9mm
・ディスプレイ:10.6インチクリアタイプHD
・電力消費:31.5Wh
・インターフェイス:microSD、USB 2.0、Micro HD Video、2×2 MIMOアンテナ
・ストレージ:32GB、64GB

 Windows 8 Proモデルの主なスペックは以下の通り。

・重さ:903g
・厚さ:13.5mm
・ディスプレイ:10.6インチクリアタイプフルHD
・電力消費:42Wh
・インターフェイス:microSD、USB 3.0、Mini DisplayPort Video、2×2 MIMOアンテナ
・ストレージ:64GB、128GB

 両モデルとも、独自の感圧技術を用いた厚さ3mmの画面カバー「Touch Cover」を搭載しており、キーボードおよびタッチバッドとして機能する。また、典型的なキーボードのタイピング感覚に近い、厚さ5mmの「Type Cover」も用意する。マグネシウム素材の「VaporMg」によるスタンドも付属する。

 価格は後日発表されるが、ARMベースの他社製タブレットやIntelのUltrabookと同等の価格で発売するとしている。


関連情報

(増田 覚)

2012/6/19 13:00