記事検索

「オリンピック見放題」で不正B-CASサイトに誘導するスパムメールに注意


スパムメールの文面

 トレンドマイクロは26日、「オリンピック全日程が見放題」といった文句で改造B-CASカードの販売サイトに誘導する日本語のスパムメールが出回っているとして、ユーザーに注意を呼びかけた。

 スパムメールは、すべての有料チャンネルを視聴した場合には「年間で考えると40万円を超えてしまうのです!」と正規サービスが高額であることを強調した上で、「もしすべて無料で見れるとしたら?」とユーザーを誘惑し、改造B-CASカード販売を目的としたオンラインショップに誘導するもの。

 トレンドマイクロの調査によると、このサイトには6月25日〜7月25日の期間に国内外からのアクセスが確認でき、日本からのアクセスが2500回以上あったという。

 サイトの注文フォームでは暗号化通信(HTTPS)を使用せず、通常のHTTP通信で名前やメールアドレス、購入枚数、住所、電話番号などの入力を求めていることから、「個人情報や注文情報に対するサイト管理者側のずさんな管理をうかがい知ることができる」と指摘。また、サイトの設置国は香港で、ホストには衛星放送やB-CASを連想させる多数の別名(CNAME)が定義されていることが確認できたという。

 トレンドマイクロでは、改造B-CASカードを販売した男性や購入者が逮捕される事例があるにもかかわらず、今回のような違法品販売サイトの事例が後を絶たないと指摘。また、こうした違法業者の中には、個人情報や金銭を騙し取り、商品を発送しない場合もあるとして、興味本位で怪しげな品に手を出すべきではないと警告している。


関連情報


(三柳 英樹)

2012/7/27 19:14