ニュース

ファイル共有ソフト使用歴10年の男性が自首、「摘発が怖くなった」と供述

 福岡県警サイバー犯罪対策課と筑紫野署は11日、ファイル共有ソフト「Share」と「PerfectDark」でゲームソフト、アニメーション作品、漫画コミックを権利者に無断でアップロードしていた福岡県春日市の無職男性(39歳)を著作権法違反(公衆送信権侵害)の疑いで福岡地検に送致した。コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)が15日、明らかにした。

 男性は角川書店が著作権を持つ「未来日記」の第5話「ボイスメモ」、「氷菓」の第12話「限りなく積まれた例のあれ」、集英社が発行する漫画「銀魂46巻」を、Shareでアップロードしていたほか、任天堂が著作権を持つ「零〜眞紅の蝶〜」をPerfectDarkでアップロードし、著作権を侵害した疑いが持たれている。

 調べによれば、男性は約10年にわたり「Winny」やShare、PerfectDarkを使用。ゲームソフトやアニメーション作品、漫画コミック、音楽、映画など1万以上のファイルをアップロードしていた。男性が12月に福岡県警に自首して犯行が発覚した。男性は「ファイル共有ソフトの摘発が多く行われており怖くなって自首した」などと供述しているという。

(増田 覚)