ニュース

米Microsoft、「Xbox One」を発表〜全部入りホームエンターテインメントに

 米Microsoftは21日、次期ゲームコンソールとなる「Xbox One」を発表した。発売時期は「今年後半」で、価格も明らかにされていない。

 Xbox Oneはゲームにとどまらず、テレビ、映画、音楽、スポーツ、Skypeを統合した、「オールインワンホームエンターテイメントシステム」と位置付けられている。

Xbox Oneを紹介するMicrosoftインタラクティブエンターテイメントビジネス担当プレゼントのDon Mattrick氏

 Microsoftインタラクティブエンターテイメントビジネス担当プレゼントであるDon Mattrick氏は、「Xbox Oneは、新しい世代の超大作ゲーム、テレビ、エンターテイメントが1台で楽しめるオールインワンのデバイスです。当社独自のモダンアーキテクチャは、リビングルームにシンプルさをもたらし、また今回初めてゲームとエンターテイメントを瞬時に切り替える機能を搭載しました」と簡潔に説明した。

 新設計のKinectにより、Xbox Oneは「Xboxオン」と話し掛けると素早く起動する。基本的に音声とジェスチャーによって操作が可能になった。ゲーム、テレビ、映画、Skypeの瞬時切り替えが可能だ。そのため、テレビを見ながらSkypeで会話したり、ゲームと映画を行き来したりするなど、さまざまなエンターテイメントを自宅の大画面テレビで気軽に楽しめる工夫が見られる。

 これを実現するためのハードウェアとして、8コア、x86プロセッサー、8GB RAM、ブルーレイドライブ、USB 3.0、Wi-Fi Direct、HDMIインとアウトなどが搭載されている。

 Kinectは「完全に新しく再設計された」という。1080pカメラを搭載し、利用者のジェスチャー、体重のかけ方、筋肉の動き、心拍数に至るまで解析できる。また、室内のさまざまな光の状況にも対応し、雑音が多い室内でも音声を認識できるようになった。

 このハードウェアの上に、3つのOSを1つに統合した「Xbox Oneアーキテクチャ」を採用した。XboxゲームのためのOS、「Windowsカーネル」、それに両者を瞬時に切り替えるためのOSだ。このアーキテクチャによって細部にまでチューニングされたゲーム、Skypeやエンターテインメントアプリケーションなどを瞬時に切り替えるシステムを実現したという。

 SkypeはXboxに初めて搭載されたもので、Xbox Oneのために設計された。大画面テレビのHD画質でビデオ通話が可能になっただけでなく、初めてテレビでのSkypeグループ通話を可能にした。

 また、Xboxコミュニティーや友人の間で流行っているテレビ番組を見つけられるトレンド機能や、テレビや映画を音声によって検索できる番組表機能などが地域によって提供される。

 MicrosoftはXbox Oneに向けて開発されるゲームタイトルも発表した。現時点で「Forza Motorsport 5」「Call of Duty: Ghosts」「FIFA 14」「Madden NFL 25」「NBA LIVE 14」「EA SPORTS UFC」「Quantum Break」が挙げられている。

 さらに、Xbox One専用コンテンツの提携も発表された。これにはスティーブンスピルバーグ氏プロデュースによるテレビ番組「Halo」シリーズ、米NFLとの提携が含まれている。

 またXbox Liveはクラウドに対応し、ゲームインストールはセグメント毎にダウンロードされるため、バックグラウンドでアップデートしながらゲームをすぐに起動できるようになる。また、プロフィール、ゲーム、エンターテイメントをクラウドに保存し、いつでもアクセスできるようになる。現在のXbox LiveゴールドメンバーシップはXbox Oneにシームレスに引き継がれるという。

 そのほか、プレイ相手との待ち時間を減少できるスマートマッチシステム、ゲームの録画ができるゲームDVR、自分のプレースタイルを人工知能により学習し、自分の影武者として友人とプレイさせられる「LivingGame」、またXbox SmartGlassとの統合も含まれている。コントローラーの設計も改良された。

 発売時期については、「Xbox Oneは今年後半に世界各地市場で発売される」としているが、価格は発表されなかった。Xbox Oneに関するさらなる詳細やゲームタイトルについては、6月に開催されるE3で発表される。

(青木 大我 taiga@scientist.com)