ニュース

NTT Com「思い出あんしん保管」、顧客情報378人分が閲覧可能だったことが判明

 NTTコミュニケーションズ株式会社(NTT Com)は23日、VHSなどのビデオテープに録画された映像をデジタルデータに変換する「思い出あんしん保管」サービスで、申し込み手続きを行った顧客の一部情報がインターネット上で閲覧可能な状態になっていたと発表した。

 閲覧できる状態にあったのは、2013年6月20日〜2014年7月18日の期間中に、「思い出あんしん保管」に申し込んだ最大378人の顧客の情報。情報に含まれていた内容は、氏名、メールアドレス、郵便番号、電話番号、住所、暗号化されたクレジットカード情報(2件が該当)、オンラインストレージサービス「マイポケット」のID・パスワード。

 NTT Comでは、7月18日に対応を行い、現在はインターネット上で閲覧できないことを確認していると説明。また、該当ユーザーに対しては7月23日からお詫びと今後の対応方法などについてメールや電話、書面などで順次対応を行っていくという。

 NTT Comでは、現時点で個人情報の不正使用に関する申告は受けていないが、不審な点がある場合には専用問い合わせ窓口まで連絡するよう呼び掛けている。

(三柳 英樹)