ニュース

オリオン座流星群、今日10月21日の深夜に極大期、ウェザーニューズが生中継

今夜は全国的に雲が広がる予報

 株式会社ウェザーニューズは、10月21日深夜にピークを迎えるオリオン座流星群をライブ中継する。

「オリオン座流星群2014」特設ページ

 24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」にて特別番組を組み、21日22時から事前番組を放送。23時から25時にかけて流星群の観測に適するとみられる全国7カ所からリアルタイムで中継する。

 番組は、スマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「SOLiVE24 Ch.」ほか、PCやテレビ(BS 910ch)でも無料で視聴可能。番組では、チャット機能を使って視聴者が会話することもできる。

 また、21日22時から25時の間に流星が観測された際に、スマートフォンに流星動画をプッシュ通知する「流星キャッチャー」の配信を受けることも可能。流星を観測すると、スタッフが3分以内に動画を編集し、登録者のスマートフォンに通知する。利用には、ウェザーニュース有料会員の登録が必要。

【追記 12:30】
 なお、ウェザーニューズによると、21日〜22日朝にかけては寒冷前線が通過するため、全国的に雲の広がる所が多くなり、広い範囲で流星群の観測には厳しい条件になりそうだとしている。

 特に前線本体の雨雲が広がる中国地方・北陸などの日本海側や、東北地方での流星観測は難しそうだという。一方、比較的観測条件がいい地域は、前線の通過が早い北海道と、前線から離れた九州南部および沖縄・奄美。また、関東南部も前線の通過前で南風が吹くことによって雲に隙間ができやすく、隙間から流れ星を狙うことができそうだとしている。

20日時点の予報をもとにウェザーニューズが作成した「流星見えるかなマップ」。「バッチリ見える」となっているのは沖縄・奄美のみ。そのほか、九州南部や関東南部〜東海、北海道などが「チャンスあり」

(山川 晶之)