記事検索
バックナンバー
【2016年】
【2015年】
【2014年】
【2013年】
【2012年】
【2011年】
【2010年】
【2009年】
【2008年】
【2007年】

やじうまWatch

噂あり、未確認情報ありのやじうまWatch。
リンク先の記事などがすでに消失していることもありますが、あらかじめご了承ください。

「グランツーリスモ5」が本物の車そっくりに見える、その斬新な方法とは ほか

【2012/10/31】

「グランツーリスモ5」が本物の車そっくりに見える、その斬新な方法とは

 どれだけゲームがリアルになっても、やはり実写を完全に再現することはできない……という概念を覆す動画が、ニコニコ動画で先日から話題になっている。その内容は、PS3「グランツーリスモ5」のプレイ動画。もっとも、単にテレビに表示しているのとは違って、白黒のブラウン管テレビに表示しているのがミソ。監視カメラを思わせるモノクロ低解像度の画面で見ると、昭和の時代の実写番組を観ているかのような、とてつもないリアルさで表示されるのだ。コメント欄では「完全に実写だこれ」「すっげぇリアルになってる」「当時の人間を完全に騙せるレベルまできてんなこれ」と評判で、4分間の動画をまったく長いと感じさせない。ちなみにこの動画、アップロードされたのは実は4年も前で、先週末になって急に話題になった格好。ほかのゲームのムービーも見てみたいところだ。

◇白黒テレビでPS3をプレイしてみた。(ニコニコ動画(原宿))
http://www.nicovideo.jp/watch/sm4867624

(tks24)

物理エンジンで再現した「台車に乗ってやってみたいこと」の壮大さがすごい

 むにむに氏の「物理エンジンで○○作った」シリーズといえばニコニコ動画では有名な人気コンテンツだ。ブランコで一回転できるか検証したり、高さ1000mのすべり台を試したりといった過去作品を目にしたことがある人は多いだろう。今回新たに公開された「台車でやってみたいこと」は、荷物を運ぶ台車に乗ってやってみたいことを次々とこなしていくという、従来の路線とはやや異なるアプローチで、多数のアクセスを集めていた。最初は台車に乗った人が地面を蹴って前に進むだけだったのが、山やビルなど壮大なモチーフと対峙するに至り、多くの人がその壮大なスケール感にコメント欄で絶叫の声を上げていた。王蟲やガンダムといったキャラクターをモチーフにした作品に比べると目立たないが、物理エンジンならではのシュールさを味わいたければ、今回の作品は要チェックだ。

◇台車でやってみたいこと(ニコニコ動画(原宿))
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19212299

(tks24)