最新ニュース

日本の「リネージュ」ユーザーは集団活動が好き〜東大池田教授が実態分析

ゴメス、2003年夏期の国内・海外旅行サイトのランキングを発表

UIS、永井豪などが登場する「コミックス・アニメ祭」を開始

インターネット接続利用者数、ブロードバンド加入者が1,100万人に近づく

1週間メールのない生活は「離婚よりストレス」〜Veritas調査

OCN、Web上でホームページを作れる「ホームページ簡単キット」

NTT西日本、ブロードバンド回線を活用したVPNサービス提供開始

テックジャム、9,500円の検索キーワード解析ツール

オンライン音楽市場はまだ成長の余地あり〜米Jupiter調査

BIGLOBE、直販サイトを集約した「BIGLOBE STORE」を開設

テレマン、31の離島で衛星ネットを活用した常時接続環境の整備構想

感染するとIEのパフォーマンスが低下するウイルス「Bingd」

CRLの研究施設公開イベントで、今年も“無線LANラジコン”が登場

米ISS、WindowsのRPCに関する脆弱性の有無をチェックできるツール

InfoSphereに@FreeD対応の固定IP付与サービス

総務省、電波再配分の給付金算定に関する報告書を公開

情報通信審議会、携帯技術やアニメ・ゲームを活かす「日本型新IT社会」提言

ITXと有線ブロード、企業向け光ブロードバンド事業で合弁会社設

NRIら、実証実験に基づいた無線LANの設計・運用サービス

IE用の国際化ドメイン名プラグイン「i-Nav」がRFCに準拠

OCNでアクセス集中によるDNS障害が発生。現在は復旧

ソフトバンクBB、必要な機能だけを追加利用できるセキュリティサービス

日本気象協会、患者が急増している熱中症の予防情報サイトを開設

日本語ドメイン名の普及に、残る課題はアプリケーションの対応〜JPRS取締役

損保ジャパン、ネット上でリアルタイムに事故対応状況を照会できるサービス

シマンテック、感染するとうるさいウイルス「Lorsis」を警告

Web上のグラフィック技術「X3D」が国際規格へと一歩前進

著名なダウンロードサイト「Download.com」が殿堂入りソフトを4本発表

ノルウェーTelenor、航空機向けに衛星経由のパケットデータサービス

【連載】検索エンジンの裏側 第10回 Yahoo!のOverture買収で浮上した3つの疑問

【業界動向】

「儲からないIP電話で競争するつもりはない」と
J-COM Broadband新社長

■URL
http://www.jcom.co.jp/corporate/

森泉氏は、ジュピター・ショップチャンネル代表取締役社長、ジュピター・プログラミング代表取締役社長などを経て、今回J-COM Broadband社長に。コンテンツ/サービス畑を歩んだ同氏が新社長に就任したこと自体が、「サービス会社」を目指す姿勢の現われ

 27日、同日付けでジュピターテレコム(J-COM Broadband)の代表取締役社長CEOに就任した森泉知行氏が記者会見し、ADSLサービスとの差別化ポイントやIP電話サービスに対するスタンスなど、同社のブロードバンド事業戦略について説明した。

 同社が現在提供しているのは、多チャンネル放送サービス「J-COM TV」、CATVインターネットサービス「J-COM Net」、固定電話サービス「J-COM Phone」の3つ。サービス内容としては、急速に利用者が拡大するADSLと一部競合している部分はあるものの、「J-COM Broadbandのターゲットカスタマーは、平均年齢が40歳以上のファミリー層。ADSLはもっと若く、対象が若干違う」。

 そのため、2002年12月時点で142万2,800世帯あるJ-COM TVの既加入者が何かブロードバンドサービスを導入しようとする際に重要視するのは、「料金も要素ではあるが、求めるのは質の高いサービス」だとしており、「J-COM TV利用者で(割安感のある)ADSLに加入するお客様は多くない」という。同じく2002年12月時点でJ-COM NETの加入者数は50万4,500世帯に達したが、これは前年比57.3%の増加。「(ブロードバンド利用が)ADSLに流れることはなく、むしろ順調に増えている」と説明する。

 しかし、もっとも増加率の高いサービスであるとともに、IP電話が本格的に提供されはじめたADSLと大きくスタンスを異にするのが、電話サービスのJ-COM Phoneである。加入者数は34万9,900世帯とそれほど多くないものの、これは前年比110.4%の増加である。森泉社長は、「(J-COM Broadbandのターゲットカスタマーである)コンサバティブなユーザーが求めるのは、(050のIP電話はなく)固定電話」だとして、「(事業として取り組んでも利益の小さい)IP電話で儲けるつもりのない企業と競争するつもりはない。競争しても利益が出ない」と言い切る。

 とはいっても、同社がIP電話に参入する可能性がまったくないというわけではない。「IP電話が、CATVにとってビジネスとして成り立つのかわからない」のが現状だ。例えば、若いユーザーが必要としているのであれば、あくまでも「第2の電話」としてだが検討するとしている。また、IP電話を提供しないことが原因で「(J-COM Broadbandの加入者が)ADSLに逃げていくようなら、防御的にやらざるをえない」という。ただし、森泉社長によれば、IP電話がないからといって加入者がADSLに移行しているというようなデータは今のところ出ていないと繰り返す。

 なお、同社では5月から7月にかけて最大30MbpsのCATVインターネットの試験サービスを実施し、検証後、J-COM NETの追加メニューとして商用提供する計画だ。高速化の条件でもあるネットワークのHFC化も、札幌を最後に今夏で完了するという。インフラ整備とエリア拡張もこれで一段落するということで、今後は約581万世帯に及ぶホームパス(サービス可能世帯数)の取り込みを強化していく。森泉社長は、「インフラがあれば入ってもらえる時代ではなくなった。これからは、サービスの特徴をきちんとお客様に説明した上で加入してもらう」という営業スタイルに転換するとして、「インフラ会社」から「サービス会社」への脱却を強調した。

◎関連記事
FTTH化か、ケーブルモデムの規格変更か?〜高速化の方法で悩む「J-COM」
J-COM Broadband、CATVで下り最大30Mbpsの試験サービス

(2003/3/27)

[Reported by nagasawa@impress.co.jp]

INTERNET Watchホームページ

INTERNET Watch編集部internet-watch-info@impress.co.jp
Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.