最新ニュース

日本の「リネージュ」ユーザーは集団活動が好き〜東大池田教授が実態分析

ゴメス、2003年夏期の国内・海外旅行サイトのランキングを発表

UIS、永井豪などが登場する「コミックス・アニメ祭」を開始

インターネット接続利用者数、ブロードバンド加入者が1,100万人に近づく

1週間メールのない生活は「離婚よりストレス」〜Veritas調査

OCN、Web上でホームページを作れる「ホームページ簡単キット」

NTT西日本、ブロードバンド回線を活用したVPNサービス提供開始

テックジャム、9,500円の検索キーワード解析ツール

オンライン音楽市場はまだ成長の余地あり〜米Jupiter調査

BIGLOBE、直販サイトを集約した「BIGLOBE STORE」を開設

テレマン、31の離島で衛星ネットを活用した常時接続環境の整備構想

感染するとIEのパフォーマンスが低下するウイルス「Bingd」

CRLの研究施設公開イベントで、今年も“無線LANラジコン”が登場

米ISS、WindowsのRPCに関する脆弱性の有無をチェックできるツール

InfoSphereに@FreeD対応の固定IP付与サービス

総務省、電波再配分の給付金算定に関する報告書を公開

情報通信審議会、携帯技術やアニメ・ゲームを活かす「日本型新IT社会」提言

ITXと有線ブロード、企業向け光ブロードバンド事業で合弁会社設

NRIら、実証実験に基づいた無線LANの設計・運用サービス

IE用の国際化ドメイン名プラグイン「i-Nav」がRFCに準拠

OCNでアクセス集中によるDNS障害が発生。現在は復旧

ソフトバンクBB、必要な機能だけを追加利用できるセキュリティサービス

日本気象協会、患者が急増している熱中症の予防情報サイトを開設

日本語ドメイン名の普及に、残る課題はアプリケーションの対応〜JPRS取締役

損保ジャパン、ネット上でリアルタイムに事故対応状況を照会できるサービス

シマンテック、感染するとうるさいウイルス「Lorsis」を警告

Web上のグラフィック技術「X3D」が国際規格へと一歩前進

著名なダウンロードサイト「Download.com」が殿堂入りソフトを4本発表

ノルウェーTelenor、航空機向けに衛星経由のパケットデータサービス

【連載】検索エンジンの裏側 第10回 Yahoo!のOverture買収で浮上した3つの疑問

【事件】

オンラインストレージでの違法MP3ファイル公開で摘発者

■URL
http://www.accsjp.or.jp/news/030410.html (ACCSの発表資料)
http://www.jasrac.or.jp/release/03/04_1.html (JASRACの発表資料)
http://www.riaj.or.jp/cgi-bin/press_release.cgi?id=62 (RIAJの発表資料)

 京都府警ハイテク犯罪対策室と堀川署が10日、オンラインストレージサービスを悪用して違法音楽ファイルを公開したとして、著作権法違反の疑いで東京都新宿区の18歳の男性を逮捕したことが明らかになった。

 男は、浜崎あゆみの「Voyage」や平井堅の「大きな古時計」など、市販の音楽CD数十タイトルの音源をMP3形式で複製。2002年9月ごろから、NTTコミュニケーションズ(NTT Com)の運営するオンラインストレージサービス「ShareStage」などで、不特定多数のインターネットユーザーを募ってグループを作った上で、参加者に対してこれらのファイルを送信できる状態にしていたという。この行為に対して、著作権を管理する日本音楽著作権協会(JASRAC)と、日本レコード協会(RIAJ)の会員企業であるエイベックスとデフスターレコーズが刑事告訴を行ない、堀川署が捜査を進めていた。

 このほか同署では2月にも、同じくShareStageを悪用してゲームソフトをグループの参加者に公開していたとして、栃木県小山市の31歳の男性を逮捕していたという。この男は、ShareStageの利用料が一定容量まで無料であるという点に着目し、17個のIDを取得。2001年10月ごろから2003年2月25日までの間に、任天堂の「スーパーマリオアドバンス」など179タイトルをアップロードしていた。男はすでに3月7日に京都区検察庁に送検され、京都簡易裁判所から罰金30万円の略式命令を受けているという。

 今回の違法行為はもともと京都府警ハイテク犯罪対策室によって発見されたものだというが、コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)やJASRACでもそれぞれ独自にネット上で海賊版ソフトや違法音楽ファイルの監視活動を行なっている。ACCSによれば、オンラインストレージを利用した著作権侵害行為は「ボリュームとしては小さいかもしれないが、広く宣伝されるようになったことで、ヘビーユーザーでなくても利用するようになっている」として、「今後、このような行為が頻繁に起きるようであれば、業界が協力して対策に乗り出す必要がある」と述べている。

 なお、今回の2名の逮捕者に悪用されていたShareStageだが、「無料サービスでは一般的に、どうしても本人確認が甘くなる」(ACCS)という面はあるにせよ、特にこのサービスに限って悪用を促すような仕組みだったわけではないようだ。他人の権利を侵害するコンテンツの公開を禁止する利用規約が設けられているという。ただし、NTT Comがコンテンツ内容をチェックできる立場にあるわけではないため、掲示板による誹謗・中傷情報などと同様、権利者などから指摘があった場合にのみ、NTT Comがこれを削除するよう会員に求めることができるという、プロバイダー責任制限法のガイドラインに沿った対応スタンスだ。

 その一方で、ACCSが現在把握しているだけでも国内に20〜30社のオンラインストレージサービスがあるが、アクセスにはIDが必要になるなど、違法行為を外部からチェックするのは限界があるのが実状だ。ACCSでは今後、このような違法行為を防止するには外部からの監視活動だけでは限界があるとしており、オンラインストレージサービスの運営企業とも協力しながら業界全体でルールの徹底に取り組む必要もあるとしている。実際、著作権侵害コンテンツの扱いについて、オンラインストレージサービスの運営企業からACCSやJASRACに相談が寄せられる事例も出てきているという。

◎関連記事
「ファイル交換ソフト」による著作権侵害で世界初の刑事摘発

(2003/4/10)

[Reported by nagasawa@impress.co.jp]

INTERNET Watchホームページ

INTERNET Watch編集部internet-watch-info@impress.co.jp
Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.