最新ニュース

日本の「リネージュ」ユーザーは集団活動が好き〜東大池田教授が実態分析

ゴメス、2003年夏期の国内・海外旅行サイトのランキングを発表

UIS、永井豪などが登場する「コミックス・アニメ祭」を開始

インターネット接続利用者数、ブロードバンド加入者が1,100万人に近づく

1週間メールのない生活は「離婚よりストレス」〜Veritas調査

OCN、Web上でホームページを作れる「ホームページ簡単キット」

NTT西日本、ブロードバンド回線を活用したVPNサービス提供開始

テックジャム、9,500円の検索キーワード解析ツール

オンライン音楽市場はまだ成長の余地あり〜米Jupiter調査

BIGLOBE、直販サイトを集約した「BIGLOBE STORE」を開設

テレマン、31の離島で衛星ネットを活用した常時接続環境の整備構想

感染するとIEのパフォーマンスが低下するウイルス「Bingd」

CRLの研究施設公開イベントで、今年も“無線LANラジコン”が登場

米ISS、WindowsのRPCに関する脆弱性の有無をチェックできるツール

InfoSphereに@FreeD対応の固定IP付与サービス

総務省、電波再配分の給付金算定に関する報告書を公開

情報通信審議会、携帯技術やアニメ・ゲームを活かす「日本型新IT社会」提言

ITXと有線ブロード、企業向け光ブロードバンド事業で合弁会社設

NRIら、実証実験に基づいた無線LANの設計・運用サービス

IE用の国際化ドメイン名プラグイン「i-Nav」がRFCに準拠

OCNでアクセス集中によるDNS障害が発生。現在は復旧

ソフトバンクBB、必要な機能だけを追加利用できるセキュリティサービス

日本気象協会、患者が急増している熱中症の予防情報サイトを開設

日本語ドメイン名の普及に、残る課題はアプリケーションの対応〜JPRS取締役

損保ジャパン、ネット上でリアルタイムに事故対応状況を照会できるサービス

シマンテック、感染するとうるさいウイルス「Lorsis」を警告

Web上のグラフィック技術「X3D」が国際規格へと一歩前進

著名なダウンロードサイト「Download.com」が殿堂入りソフトを4本発表

ノルウェーTelenor、航空機向けに衛星経由のパケットデータサービス

【連載】検索エンジンの裏側 第10回 Yahoo!のOverture買収で浮上した3つの疑問

【ソフトウェア】

アドビ、Acrobat Readerに電子申請機能などを付与できるサーバー製品など

■URL
http://www.adobe.co.jp/aboutadobe/pressroom/pressreleases/200304/20030422doc_server.html
http://www.adobe.co.jp/aboutadobe/pressroom/pressreleases/200304/20030422gs2.html
http://www.adobe.co.jp/aboutadobe/pressroom/pressreleases/200304/20030422form.html

 アドビシステムズ株式会社は22日、通常のAcrobat Readerに保存や電子申請機能などを付与するサーバー製品「Adobe Document Server for Reader Extensions 日本語版(以下、DSRE)」のほか、フォーム製作ソフト「Adobe Form Designer 5.0 日本語版(以下、FD)」、画像編集作業を自動化する「Adobe Graphics Server 2.0(以下、GS)」など5製品を発表した。

 今回の新製品群は、今後本格化していく電子政府・自治体による電子申請や製造業、金融業をターゲットに、電子フォームの制作面や提供面で機能拡張を図るもの。FDやGSによって制作面での機能拡充を図り、DSREがファイル提供時の機能拡張を担う。これらの製品群は、アドビによる直接販売ではなく、SIなどを通して販売を行なうため、価格は個別見積もりとなる。また出荷時期は、DSREとGSが第2四半期、FDが5月12日の予定だ。

■フォームとXMLを融合させ、スクリプトなどを埋め込める作成ツール

 FDは、アドビのさまざまな電子フォーム製品に対応した電子フォーム設計ツール。クライアント環境である「Form Client 5.0 日本語版」や配信サーバー「Form Server 5.0 日本語版(以下、FS)」と組み合わせることによって、InternetExplorerやNetscape、iモードなどのクライアントデバイスに対応させてフォームを配信できる点が特徴。

 FDでは、フォームを作成する際にスクリプトを埋め込むことにより、PDFファイルに「Aを入力した際にはBというエラー表示を出す」などの禁則処理を行なうことが可能になったほか、既存のPDFファイルを取り込んで改良・変更を加えることもできる。FDで作成したフォームをFSで配信することにより、IEにはXML形式、NetscapeにはCSS2形式など、PDFファイルをデバイス毎の最適な形式に自動的にレンダリングし直して配信することが可能だ。こうして配信されたフォームは、ユーザー側で必要事項が入力された後、XMLデータとしてサーバーが受信・保存する仕組み。

アドビの電子フォーム製品のポジショニング 製品群の位置付け

■ワンソースマルチユースを可能にする画像処理サーバー

 GSは、ファイル形式変換や解像度・サイズ変更等の画像編集作業を自動・高速化するサーバーソフト。従来、デザイナーなど特殊な知識を持つユーザーが行なっていた画像処理を、グラフィック作成・編集ツールの知識を持たないユーザーでも、Web経由で作業することにより、自動的に必要な画像処理を行なえるようになる。

 具体的には、デザイナーがPhotoshopやIllustratorなどで作成した画像素材をGS上に置くと、画像処理知識の無い支店社員でもサーバー上で項目を選択するだけで、目的の画像を入手することができる。これにより、ワンソースマルチユースを促進し、業務の効率化を実現するとしている。

GSのシステム構成例

■Acrobat Readerに電子申請機能などを付与できるサーバー製品

 DSREは、Acrobat Readerに保存や電子申請機能などを付与するサーバー製品。現在、約5本利用されているAcrobat Readerを変更することなく機能を追加できるため、電子政府など不特定多数を対象にしつつ、ユーザー側に有料クライアントソフトを利用させることが難しい場合での需要が見込まれている。

アドビシステムズ株式会社マーケティング本部ePaperソリューション部
市川孝部長

 DSREでは、作成したPDFファイルをDSREで配信する際に、「電子証明」「データのローカル保存・送信」「フォームフィードでの入力支援」「書類添付」など4種類の“特別権限を付与”することにより、従来のAcrobat Readerではできなかった機能を実現している。特別権限は、付与する際に選択することが可能。

 これらの機能は、DSREで権限付与されたフォーム(PDFファイル)でしか機能せず、通常のサーバーから配信されたフォームでは利用できない。また、不特定多数が利用する電子政府などの利用を想定して、1つのフォームに付き利用人数無制限の“フォーム数課金”を行なう「無制限ユーザ用」ライセンスと、社内ユースを想定し、“利用人数課金”を行なう「内部ネットワーク用」ライセンスの2種類が用意されている。

 アドビのマーケティング本部ePaperソリューション部 市川孝部長は「今回の新ソリューションは、2002年に当社が買収したAccelioの製品と組み合わせることによって実現できた。既に多くのユーザーに利用されているAcrobat Readerを応用できるDSREは、電子政府に大きく訴求できるのではないだろうか」と語った。

◎関連記事
ACCESSと米Adobe、携帯機器でPDFファイルを利用可能に
米Adobe、PDF作成ソフト「Acrobat 6.0」英語版3製品発表

(2003/4/22)

[Reported by otsu-j@impress.co.jp]

INTERNET Watchホームページ

INTERNET Watch編集部internet-watch-info@impress.co.jp
Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.