最新ニュース

日本の「リネージュ」ユーザーは集団活動が好き〜東大池田教授が実態分析

ゴメス、2003年夏期の国内・海外旅行サイトのランキングを発表

UIS、永井豪などが登場する「コミックス・アニメ祭」を開始

インターネット接続利用者数、ブロードバンド加入者が1,100万人に近づく

1週間メールのない生活は「離婚よりストレス」〜Veritas調査

OCN、Web上でホームページを作れる「ホームページ簡単キット」

NTT西日本、ブロードバンド回線を活用したVPNサービス提供開始

テックジャム、9,500円の検索キーワード解析ツール

オンライン音楽市場はまだ成長の余地あり〜米Jupiter調査

BIGLOBE、直販サイトを集約した「BIGLOBE STORE」を開設

テレマン、31の離島で衛星ネットを活用した常時接続環境の整備構想

感染するとIEのパフォーマンスが低下するウイルス「Bingd」

CRLの研究施設公開イベントで、今年も“無線LANラジコン”が登場

米ISS、WindowsのRPCに関する脆弱性の有無をチェックできるツール

InfoSphereに@FreeD対応の固定IP付与サービス

総務省、電波再配分の給付金算定に関する報告書を公開

情報通信審議会、携帯技術やアニメ・ゲームを活かす「日本型新IT社会」提言

ITXと有線ブロード、企業向け光ブロードバンド事業で合弁会社設

NRIら、実証実験に基づいた無線LANの設計・運用サービス

IE用の国際化ドメイン名プラグイン「i-Nav」がRFCに準拠

OCNでアクセス集中によるDNS障害が発生。現在は復旧

ソフトバンクBB、必要な機能だけを追加利用できるセキュリティサービス

日本気象協会、患者が急増している熱中症の予防情報サイトを開設

日本語ドメイン名の普及に、残る課題はアプリケーションの対応〜JPRS取締役

損保ジャパン、ネット上でリアルタイムに事故対応状況を照会できるサービス

シマンテック、感染するとうるさいウイルス「Lorsis」を警告

Web上のグラフィック技術「X3D」が国際規格へと一歩前進

著名なダウンロードサイト「Download.com」が殿堂入りソフトを4本発表

ノルウェーTelenor、航空機向けに衛星経由のパケットデータサービス

【連載】検索エンジンの裏側 第10回 Yahoo!のOverture買収で浮上した3つの疑問

【新製品】

PDF内でのマルチメディアファイル表示が可能に

アドビ、PDFソフトの新版「Acrobat 6.0」を発表

■URL
http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/
http://www.adobe.co.jp/aboutadobe/pressroom/pressreleases/200305/20030515acrobat6.html (リリース)

Adobe Systems社長のChizen氏
 アドビシステムズ株式会社は、PDFファイル作成・管理ソフトの最新版「Adobe Acrobat 6.0 日本語版」(以下Acrobat 6.0)を発表した。対象顧客層に合わせて3種類で展開する作成ソフトに加え、閲覧ソフト「Adobe Acrobat Reader」を名称変更し、新たに「Adobe Reader 6.0」(以下Reader 6.0)として提供する。価格は「Adobe Acrobat 6.0 Standard 日本語版」で3万4,800円(アドビストア価格)。

 「Acrobat 6.0」の大きな特徴は、PDFファイルへのマルチメディアファイルの埋め込み、および再生が可能になったことだ。FlashやQuickTime、MP3、Windows Media、RealMediaといったマルチメディアコンテンツに対応し、1つのPDFファイルで複数のメディアコンテンツの埋め込み・再生に対応する。

 製品ラインナップに関しては、PDF作成ソフトでは、対象を一般ビジネスユーザー、ビジネス、エンジニアリングやクリエイティブなど専門分野のプロユーザー、PDF生成のみを行ないたい企業内ライトユーザーの3つに分類。各層に向けた製品を展開する。

 まず一般ビジネスユーザー向けの「Adobe Acrobat 6.0 Standard 日本語版」では、Microsoft Word/Excel/PowerPointやInternet Expolorerに「Adobe PDFに変換」ボタンを設置。作成中の書類や閲覧しているWebページを、ボタン1つでPDFに変換できるようになった。また紙の書類をスキャンしてPDF化する際、書類に書かれたテキストを自動認識するOCR機能「ペーパーキャプチャー」を搭載、ペーパーレス化での作業効率を向上する。さらにWindows版では、ファイルを選択→右クリックでPDF変換できるほか、複数のファイルを1つのPDFファイルにまとめることも右クリックから可能だ。

 また複数のメンバーによる書類校正や共同作業といった用途に向けて、「電子レビュー管理機能」や「注釈ツール」を強化。電子メールやWebブラウザー(Windowsのみ)を介して、複数のメンバーでの書類校正やチェック作業を整理、管理する。1つのPDFファイルに複数の相手からの校正(注釈)を取り込み、Wordに書き出すことができる。またこの際、校正は別レイヤーとして扱われ、元のPDFファイルには一切変更を加えないため、共同作業中の書類修正ミスなども防げるという。

 プロユーザー向けの「Adobe Acrobat 6.0 Professional 日本語版」では、「Acrobat 6.0 Standard」の全機能に加え、「AutoCAD」や「Microsoft Visio」、「Microsoft Project」などの専門ソフトからもボタン1つでのPDF作成を可能にする。またプリフライト機能などで印刷所や出力サービスで確実に出力できるテータを作成できるほか、電子フォームの作成や、目の不自由な人でも利用できるか検証する「Adobe PDFアクセシビリティ」などの機能も提供する。

 企業内ライトユーザー向けの「Adobe Acrobat Elements 日本語版」は、パッケージ提供は行なわず、企業向けにライセンス提供のみの展開となる。書類のPDF変換に特化した機能を提供する。

 一方、PDFファイルの閲覧・印刷用ソフトの「Adobe Reader 6.0 日本語版」では、eBook形式のファイル閲覧や、PDFファイル内のマルチメディアコンテンツ再生に対応。また複数のPDFファイル内の語句検索や、WWW上のPDFファイル検索をReaderから利用できるようになった。さらに4月に発表したサーバー製品「Document Server for Reader Extensions」を用いることで、PDFファイルに埋め込まれた電子署名や記入済みフォームを保存したり、記入されたデータの送信などにも対応するという。

 製品はいずれもWindows版とMacintosh版があり、価格(アドビストア提供価格、税別)は「Adobe Acrobat 6.0 Standard 日本語版」が通常版3万4,800円、アップグレード版1万2,500円。「Adobe Acrobat 6.0 Professional 日本語版」が通常版5万4,800円、アップグレード版1万9,500円。発売日はいずれも7月4日。また「Adobe Acrobat Elements 日本語版」はパートナー企業からの提供となるため価格未発表だが、「1,000人規模の場合で数千円レベルになる」(アドビシステムズ 石井幹代表取締役社長)予定で、5月16日からの発売となる。「Adobe Reader 6.0 日本語版」は、6月中旬より同社サイトでの無償配布を予定している。

 米Adobe Systems社長兼CEOのBruce Chizen氏は、「マルチメディアファイルの対応によって、PDFは文書閲覧のみでなく、リッチコンテンツの情報コンテナとして機能する。またサーバー製品との連動で、トランザクションも可能にする」と説明。これまでAcrobat Readerのダウンロードは約5億本に達し、またAcrobat関連製品の販売は1,000万本以上という実績に触れながら、「Microsoftでは同社製品を2億本販売したというが、Acrobatにも同じくらいのキャパシティがあると考えている」と発言。AdobeはPDFを用いた電子文書ソリューションを総合して“ePaper”と呼んでいるが、「ePaperはAdobeにとって最大の成長エリアになる」と意気込みを示した。

Acrobat 6.0の製品群 ファイルを選択して右クリックでPDF変換
共同作業のデモ図 複数メンバーからの注釈が反映された状態

◎関連記事
アドビ、Acrobat Readerに電子申請機能などを付与できるサーバー製品など

(2003/5/15)

[Reported by aoki-m@impress.co.jp]

INTERNET Watchホームページ

INTERNET Watch編集部internet-watch-info@impress.co.jp
Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.