最新ニュース

日本の「リネージュ」ユーザーは集団活動が好き〜東大池田教授が実態分析

ゴメス、2003年夏期の国内・海外旅行サイトのランキングを発表

UIS、永井豪などが登場する「コミックス・アニメ祭」を開始

インターネット接続利用者数、ブロードバンド加入者が1,100万人に近づく

1週間メールのない生活は「離婚よりストレス」〜Veritas調査

OCN、Web上でホームページを作れる「ホームページ簡単キット」

NTT西日本、ブロードバンド回線を活用したVPNサービス提供開始

テックジャム、9,500円の検索キーワード解析ツール

オンライン音楽市場はまだ成長の余地あり〜米Jupiter調査

BIGLOBE、直販サイトを集約した「BIGLOBE STORE」を開設

テレマン、31の離島で衛星ネットを活用した常時接続環境の整備構想

感染するとIEのパフォーマンスが低下するウイルス「Bingd」

CRLの研究施設公開イベントで、今年も“無線LANラジコン”が登場

米ISS、WindowsのRPCに関する脆弱性の有無をチェックできるツール

InfoSphereに@FreeD対応の固定IP付与サービス

総務省、電波再配分の給付金算定に関する報告書を公開

情報通信審議会、携帯技術やアニメ・ゲームを活かす「日本型新IT社会」提言

ITXと有線ブロード、企業向け光ブロードバンド事業で合弁会社設

NRIら、実証実験に基づいた無線LANの設計・運用サービス

IE用の国際化ドメイン名プラグイン「i-Nav」がRFCに準拠

OCNでアクセス集中によるDNS障害が発生。現在は復旧

ソフトバンクBB、必要な機能だけを追加利用できるセキュリティサービス

日本気象協会、患者が急増している熱中症の予防情報サイトを開設

日本語ドメイン名の普及に、残る課題はアプリケーションの対応〜JPRS取締役

損保ジャパン、ネット上でリアルタイムに事故対応状況を照会できるサービス

シマンテック、感染するとうるさいウイルス「Lorsis」を警告

Web上のグラフィック技術「X3D」が国際規格へと一歩前進

著名なダウンロードサイト「Download.com」が殿堂入りソフトを4本発表

ノルウェーTelenor、航空機向けに衛星経由のパケットデータサービス

【連載】検索エンジンの裏側 第10回 Yahoo!のOverture買収で浮上した3つの疑問

【新製品】

広告やキャンペーンで明和電機と“協業”

サイボウズ、グループウェア最新版「サイボウズ Office 6」を今夏発売

■URL
http://www.cybozu.co.jp/company/news/release.cbml?f=20030617_1 (リリース)
http://cybozu.co.jp/products/ag/topics/cb6_1.html (Office 6の解説ページ)

サイボウズ Office 6の起動イメージ
 サイボウズ株式会社は、主力製品であるグループウエアの最新版「サイボウズ Office 6」(以下Office 6)を、今夏より発売すると発表した。価格は50ユーザー版で19万8,000円〜。

 サイボウズシリーズは1997年に販売を開始したWebベースのグループウェア。専任のシステム管理者を持たない中小規模の事業所向けに、導入や利用が容易なグループウェアとして市場を拡大してきた。現在同シリーズを導入している企業は約1万6,000社で、ユーザー数は約130万人以上になる。またグループウェア市場では「Lotus Notes/Domino」に次いで、2位のシェアを持つ。

 これまでは機能拡張を中心としたバージョンアップを行なってきたが、新版となるOffice 6では、開発時に「多くの人に、より簡単に使ってもらう」(サイボウズCEO 高須賀宣氏)ことを目標に、ユーザビリティに注力した開発を行なったという。現行の「サイボウズAG」では個人が使うナレッジツールという面を強めていたが、新版では“皆で利用する、使いやすいグループウェア”というサイボウズシリーズの特徴を改めて強調するために、以前用いていた「Office」という名称に戻したという。

 新版では、新しいユーザーインターフェイス「Harmony」を導入。アイコンによる分かりやすい機能表示に加え、スケジュールやアドレス帳といった異なる機能でも統一したレイアウトを用いたり、現在位置のナビゲーションを行なうことで、ユーザーが意識せずに利用方法を身につけることが可能になったという。またユーザーが希望する機能だけでページを構成したり、デザインの変更が容易にできるパーソナライズ機能も追加している。

 さらにユーザーや管理者を支援する「気配り機能」を付加。ユーザー向けには、週報日報の作成支援や、社外ユーザーとのスケジュール調整、スケジュールの変更・追加の携帯電話メール通知などの機能を加えている。また管理者向けには、完全SSL対応で安全性に配慮したほか、データベースのバックアップやリストアができる管理ツールなどが利用可能という。

 新版はインターネットによる直販を中心とした展開となり、価格は「サイボウズ Office 6 基本セット」の10ユーザー版で7万9.800円、50ユーザーで19万8,000円、ユーザー無制限版が138万円。マネジメントやモバイルのオプションは10ユーザー版3万9,800円の料金で別途展開する。旧版からのバージョンアップは、製品価格の25〜30%程度を予定している。サイボウズではOffice 6により、初年度で新規ユーザー数35万人の獲得、および既存ユーザーの半数以上がアップグレードすることを目標としている。

 なお今回、多くの人にグループウェアをわかりやすく解説し、またサイボウズ製品の理解促進を助ける“コミュニケーションパートナー”として、アーティストの「明和電機」を起用。サイボウズの高須賀CEOは、「ITを大衆化するのがサイボウズの目標だが、明和電気の目標は芸術の大衆化。お互い大衆化を目指すものとして、両社の一致が図れるのではないか」と、起用の理由を述べた。また明和電機の代表取締役社長である土佐信道氏は、「最初は芸術家で出てきたが、やはりわかりにくいので、芸術家というより電機屋でいこうということで現在の明和電機の形になった。道具の普及は使いやすさとわかりやすさが重要。サイボウズの製品と明和電機の製品、どちらも使いやすさとわかりやすさをアピールしていきたい」と、抱負を述べた。

明和電機を起用した背景 明和電機・土佐社長による製品「パチモク」のパフォーマンス
明和電機新製品「ガチャコン」(ダイヤル式のテレビリモコン)を囲みながら、高須賀CEO(右)と土佐社長が歓談 会場には明和電機製品と臨時社員がスタンバイ

◎関連記事
サイボウズと日本ベリサイン、グループウェアのSSL認証で提携

(2003/6/17)

[Reported by aoki-m@impress.co.jp]

INTERNET Watchホームページ

INTERNET Watch編集部internet-watch-info@impress.co.jp
Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.