最新ニュース

日本の「リネージュ」ユーザーは集団活動が好き〜東大池田教授が実態分析

ゴメス、2003年夏期の国内・海外旅行サイトのランキングを発表

UIS、永井豪などが登場する「コミックス・アニメ祭」を開始

インターネット接続利用者数、ブロードバンド加入者が1,100万人に近づく

1週間メールのない生活は「離婚よりストレス」〜Veritas調査

OCN、Web上でホームページを作れる「ホームページ簡単キット」

NTT西日本、ブロードバンド回線を活用したVPNサービス提供開始

テックジャム、9,500円の検索キーワード解析ツール

オンライン音楽市場はまだ成長の余地あり〜米Jupiter調査

BIGLOBE、直販サイトを集約した「BIGLOBE STORE」を開設

テレマン、31の離島で衛星ネットを活用した常時接続環境の整備構想

感染するとIEのパフォーマンスが低下するウイルス「Bingd」

CRLの研究施設公開イベントで、今年も“無線LANラジコン”が登場

米ISS、WindowsのRPCに関する脆弱性の有無をチェックできるツール

InfoSphereに@FreeD対応の固定IP付与サービス

総務省、電波再配分の給付金算定に関する報告書を公開

情報通信審議会、携帯技術やアニメ・ゲームを活かす「日本型新IT社会」提言

ITXと有線ブロード、企業向け光ブロードバンド事業で合弁会社設

NRIら、実証実験に基づいた無線LANの設計・運用サービス

IE用の国際化ドメイン名プラグイン「i-Nav」がRFCに準拠

OCNでアクセス集中によるDNS障害が発生。現在は復旧

ソフトバンクBB、必要な機能だけを追加利用できるセキュリティサービス

日本気象協会、患者が急増している熱中症の予防情報サイトを開設

日本語ドメイン名の普及に、残る課題はアプリケーションの対応〜JPRS取締役

損保ジャパン、ネット上でリアルタイムに事故対応状況を照会できるサービス

シマンテック、感染するとうるさいウイルス「Lorsis」を警告

Web上のグラフィック技術「X3D」が国際規格へと一歩前進

著名なダウンロードサイト「Download.com」が殿堂入りソフトを4本発表

ノルウェーTelenor、航空機向けに衛星経由のパケットデータサービス

【連載】検索エンジンの裏側 第10回 Yahoo!のOverture買収で浮上した3つの疑問

【ソフトウェア】

数カ月後にはLinuxよりも“安く”“安全”なことが証明されるはず〜Rawding氏

マイクロソフト、「Windows Server 2003 日本語版」の店頭販売を開始

■URL
http://www.microsoft.com/japan/presspass/releases03/062503_WS2003_ship.asp

「Windows Server 2003 日本語版」のパッケージ写真

 マイクロソフト株式会社は6月25日、同社の次期サーバーソフト「Windows Server 2003 日本語版(以下、WS2003)」パッケージ版の出荷を多くのパートナー企業と連携して開始。これに伴い、記者会見を開催した。会見では、7月1日より同社社長に就任するMichael Rawding氏や、パートナー企業であるインテル社の吉田和正共同社長などが講演した。

 WS2003は「Windows 2000 Server」の後継機にあたる最新版のサーバー用OS。同社のBill Gates会長が提唱したポリシー「Trustworthy Computing」に基づき、セキュリティを最優先事項として強化設計し、IISが出荷時にオフに設定されるなど、セキュリティを強化するための4つの施策が行なわれている点が特徴だ。

 Rawding氏は、セキュリティの向上について「コード1行ごとに、そのコードを書いた開発者が責任を持つ方式を導入したほか、自動的に脅威を監査する手法を取り入れて強化を図るなど、2億ドル以上セキュリティ向上に投資している。この結果、Windows NT 4.0 SP3と比較して攻撃対象となる部分を60%削減した」と自信を見せた。また、ベータテスト期間をWindows 2000 Serverの時と比較して9カ月も延長しており、この期間中にドライバーのテストなどを徹底的に行なっているため、ドライバーの性能も向上しているという。

 WS2003は用途別に「Datacenter Edition」、「Enterprise Edition」「Standard Edition」「Web Edition」の4つのエディションが用意されており、このうちパッケージ販売されるのは「Enterprise Edition」と「Standard Edition」の2モデル。「Datacenter Edition」と「Enterprise Edition」では64bitバージョンが用意されており、大幅にスケーラビリティを向上しているという。

 インテルの吉田和正共同社長は、「ここ2年間サーバーの売り上げが低下しているが、当社ではチップセットメーカーとして、他のハードウェアを牽引する役目があると自負している。今後はItaniumを基本として64bitを伸ばしていき、3年後には13倍の処理性能を実現したい」と抱負を語った。

 WS2003はすでに13社が早期導入しており、さまざまなノウハウの収集を行なっているという。これらの会社を含む各パートナー企業からは、WS2003搭載サーバー75モデル、対応アプリケーション約250製品が提供され、350社のセールス&ビジネスパートナーの7,000名に対して販売トレーニングを実施したという。

 Rawding氏は、「既に“Certified for Windows Server 2003”は40製品あり、Windows 2000 Serverの時の7製品と比較して、大きく期待されていることがわかる。一番重要なことは“効果的に出費を抑える”ことだ」と語り、競合製品であるLinuxとの比較についても「Linuxは“安い”や“セキュリティが高い”と言われているが、数カ月後のサードパーティの調査では、WS2003の方が“安く”かつ“セキュリティが高い”ことが証明されるだろう」と語った。また当面の販売目標について、同社取締役の平井康文氏は「現在70〜80万台と言われているNTベースのユーザーをWS2003に乗り変えさせることと、UNIXなどからの乗り換えも目指す」とした。

真ん中がMichael Rawding氏
真ん中左が取締役の平井康文氏
WS2003を搭載した富士通製のサーバー

◎関連記事
マイクロソフト、「Windows Server 2003 日本語版」を6月25日より出荷開始
米Microsoft、「Windows Server 2003」を正式リリース
Gates氏の提唱によってマイクロソフトは果たしてセキュアになったのか?

(2003/6/25)

[Reported by otsu-j@impress.co.jp]

INTERNET Watchホームページ

INTERNET Watch編集部internet-watch-info@impress.co.jp
Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.