最新ニュース

日本の「リネージュ」ユーザーは集団活動が好き〜東大池田教授が実態分析

ゴメス、2003年夏期の国内・海外旅行サイトのランキングを発表

UIS、永井豪などが登場する「コミックス・アニメ祭」を開始

インターネット接続利用者数、ブロードバンド加入者が1,100万人に近づく

1週間メールのない生活は「離婚よりストレス」〜Veritas調査

OCN、Web上でホームページを作れる「ホームページ簡単キット」

NTT西日本、ブロードバンド回線を活用したVPNサービス提供開始

テックジャム、9,500円の検索キーワード解析ツール

オンライン音楽市場はまだ成長の余地あり〜米Jupiter調査

BIGLOBE、直販サイトを集約した「BIGLOBE STORE」を開設

テレマン、31の離島で衛星ネットを活用した常時接続環境の整備構想

感染するとIEのパフォーマンスが低下するウイルス「Bingd」

CRLの研究施設公開イベントで、今年も“無線LANラジコン”が登場

米ISS、WindowsのRPCに関する脆弱性の有無をチェックできるツール

InfoSphereに@FreeD対応の固定IP付与サービス

総務省、電波再配分の給付金算定に関する報告書を公開

情報通信審議会、携帯技術やアニメ・ゲームを活かす「日本型新IT社会」提言

ITXと有線ブロード、企業向け光ブロードバンド事業で合弁会社設

NRIら、実証実験に基づいた無線LANの設計・運用サービス

IE用の国際化ドメイン名プラグイン「i-Nav」がRFCに準拠

OCNでアクセス集中によるDNS障害が発生。現在は復旧

ソフトバンクBB、必要な機能だけを追加利用できるセキュリティサービス

日本気象協会、患者が急増している熱中症の予防情報サイトを開設

日本語ドメイン名の普及に、残る課題はアプリケーションの対応〜JPRS取締役

損保ジャパン、ネット上でリアルタイムに事故対応状況を照会できるサービス

シマンテック、感染するとうるさいウイルス「Lorsis」を警告

Web上のグラフィック技術「X3D」が国際規格へと一歩前進

著名なダウンロードサイト「Download.com」が殿堂入りソフトを4本発表

ノルウェーTelenor、航空機向けに衛星経由のパケットデータサービス

【連載】検索エンジンの裏側 第10回 Yahoo!のOverture買収で浮上した3つの疑問

【調査】

「インターネット白書2003」で見るインターネットの現在(2)
IP電話や公衆無線LANでもヤフーの一人勝ち

■URL
http://direct.ips.co.jp/directsys/go_x_TempChoice.cfm?sh_id=EE0040&spm_id=1&GM_ID=1801

 インターネット白書2003(以下、白書)の内容を紹介する集中連載の2回目では、IP電話の動向やモバイルインターネットの実態を取り上げる。

●BBフォンの利用が目立つIP電話

現在利用しているIP電話サービス会社のグラフ
 家庭内におけるPCの所有台数(有効回答数5,547)は、1台のみが38.7%、2台以上が34.4%となった。約6割の家庭で複数台のPCを所有しているが、その内LANを構築しているのは49.4%だった。家庭内LANを構築する理由としては、「インターネット回線の共有」が83.1%、「ファイル共有」が62.8%、「プリンターの共有」が56.3%となり、この3目的が主流のようだ。

 IP電話について(有効回答数2,652)は、利用者はわずか15.8%にとどまった。サービス別のシェアでみると、BBフォンが73.1%、ぷららフォンforフレッツが3.6%、@niftyフォンが3.1%と、BBフォンが一人勝ちの様相を呈している。IP電話利用者の満足度は、51.2%が「メリットを感じる」、32.1%が「メリットをやや感じる」とおおむね良好だ。また、非利用者の51.1%がIP電話に関心を持っており、38.9%が「いつかは利用する」という意向を持っている。IP電話選びの重視事項では、「格安な通話料金」が73.6%、「音声品質」が44.0%となり、品質よりも値段に訴求力があることがわかった。

 デジタルコンテンツの利用動向(有効回答数2,742)では、48.1%のユーザーが有料コンテンツやサービスを利用したことがあるという。ニュースサイトの利用経験は74.8%が利用していると回答している。掲示板やチャットなどのコミュニティサイトの利用経験は47.3%が利用しており、掲示板(91.0%)に人気が集まっている。コミュニティサイト利用者の6割は「書き込み」の経験があった。

 映像や音楽などのコンテンツの視聴は53.1%が行なっており、そのほとんどが自宅で利用している。映像コンテンツ視聴者の9割はブロードバンド接続ユーザーだった。有料の映像コンテンツを利用した経験があるのは15.0%で、主なジャンルはアダルト(35.3%)、映画・ドラマ・お笑い番組(32.1%)となった。音楽コンテンツでは、視聴も含めてダウンロード経験があるユーザーが25.3%、その内実際に購入したユーザーは33.8%だった。

 P2Pアプリケーションについては、75%の回答者が「知らない」もしくは「わからない」と答えている。P2Pアプリケーション認知者の内、実際に利用したことがあるのは約3割だが、16.0%はすでに利用を止めている。利用アプリケーションは、WinMX(60.5%)とWinny(49.1%)に人気が集まり、音楽ファイルの転送や動画ファイルの転送(ともに65.8%)に使っている。

●公衆無線LANの利用は数%のみ

 モバイルインターネットの利用動向(有効回答数5,633)では、外出先でインターネットを利用しているユーザーはわずか15.4%にとどまった。持ち歩いているモバイル端末では、A4サイズのノートPCが47.1%、B5サイズのノートPCが33.4%、PDAが20.7%という結果になった。主な接続方法では、携帯電話が28.1%、PHSが16.1%、NTTドコモのデータ通信カードが13.6%、DDIポケットのデータ通信カードが17.1%と分散しており、公衆無線LANの利用は4.4%に過ぎなかった。

 公衆無線LANのサービス別調査(有効回答数101)では、Yahoo!BBモバイルが33.7%、駅などでの無料体験を含むその他が13.9%、Mフレッツ・メイトとフレッツ・スポットがそれぞれ9.9%と、ここでもヤフーが他を圧倒している。公衆無線LANを使う場所は、「いつも決まった場所のみ」が9.9%、「だいたい決まった場所で」が46.5%と過半数が「ほぼいつもの場所」で利用していることがわかった。主な利用場所は、ファーストフードやコーヒーショップ(54.5%)や駅構内・空港内、公園など公共の場所(45.5%)などに人気が集まった。

◎関連記事
「インターネット白書2003」で見るインターネットの現在(1)

(2003/7/2)

[Reported by okada-d@impress.co.jp]

INTERNET Watchホームページ

INTERNET Watch編集部internet-watch-info@impress.co.jp
Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.